第5回東京骨髄病理研究会

注意: このページは管理人の個人的まとめページです。正式な東京骨髄病理研究会のWeb pageではありません。

 

第6回東京骨髄病理研究会

2015年8月22日 13:30-18:00 東京都千代田区神田駿河台2-5-1お茶の水ファーストビル11Fノヴァルティスファーマ東京事務所

事務局:東海大学医学部基盤診療学系病理診断学

共催 東京骨髄病理研究会/ノバルティスファーマ株式会社

特別講演

 

1. 「ダウン症候群関連骨髄増殖性疾患の自然経過と造血微小環境」 東京歯科大学市川総合病院臨床検査科教授 宮内潤先生

 

2.「骨髄系腫瘍の染色体異常と染色体検査報告書の読解法」聖マリアンナ医科大学血液内科教授 三浦偉久男先生

症例検討

敬称略

1. CD123+, CD4+, CD56-樹状細胞の結節性増殖病変を認めたAML-M4Eoの一例 磐田市立総合病院病理診断科 谷岡書彦ほか (TBM6-01)

  • Dendritic cell/ monocytic noduleはCMMoL, MDSに出現する報告が多い。inv(16)を示すAML-M4Eoに複数の結節病変を認めた。まれな現象と考えられ細胞の由来が問題となる。
 

2. CD71が陽性となったAML with myelodysplasia related changesの1例 埼玉医科大学医学部病理学 茅野秀一 (TBM6-02)

  • CD71は幼若な赤芽球系マーカとして用いられる。しかし他の系統細胞にも陽性を示し解釈には注意が必要である。
 

3.特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と診断, 7年後に慢性骨髄性白血病(CMMoL)となり, さらに5年後に骨髄線維症(MF)を併発した一例 昭和大学医学部 臨床病理診断学講座 荒井奈々ほか (TBM6-03)

  • 「ITPと診断されていた」症例でITP以外の疾患所見を呈してくる例が見うけられる。ITP骨髄組織診断のポリシーとは?ITPを病理医はいかに診断するか?伊藤先生のコメントあり。
 

4.パルボウイルス感染を伴う汎血球減少症の1例 東海大学医学部附属八王子病院病理診断科 平岩真一郎ほか (TBM6-04)

  • 2015年はparvo virusの大流行年。4年サイクルだが今年は前回から3年目。本例は悪性貧血にparvo virus感染をともなった臨床的にたいへん問題のある症例。parvo virus感染骨髄組織所見の見方は?
 

総合司会 伊藤雅文(名古屋第一赤十字病院)

座長 細根 勝(日本医科大学多摩永山病院), 小川高志(東海大学医学部附属東京病院)

コメンテーター: 後藤明彦(順天堂大学血液内科), 松田 晃(埼玉医科大学国際医療センター造血器腫瘍科), 磯部 泰司(聖マリアンナ医科大学血液内科) 病理コメンテーター 伊藤雅文

過去の研究会ページ

タイトルをクリックすると詳細なページに移動できます。

第5回東京骨髄病理研究会

第4回東京骨髄病理研究会

第3回東京骨髄病理研究会

第2回東京骨髄病理研究会

第1回東京骨髄病理研究会


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-11 (日) 07:43:15 (983d)