WikiPathologica

ALK陽性大型B細胞リンパ腫 ALK-positive large B-cell lymphoma

 

Anaplastic lymphoma receptor tyrosine kinase(ALK)を発現する均一な大型免疫芽球様B細胞の腫瘍、ときに形質芽球への分化を伴う。[ALKはヒト正常細胞では通常, 神経系細胞の一部のみに陽性。ヒトの細胞でこれ以外にALKが染まれば異常。]

まれな腫瘍で, いままで50例ほどの報告があり、本邦では6症例の報告(医中誌2012/8月). 945例のDLBCL例にALKの免疫染色スクリーニングを行うと5例(0.5%)が陽性であった*1
男女比は3:1と男性優位、小児から成人まで幅広い年齢に発症。

ほとんどが進行期でみつかる。3-4期患者さんの生存期間中央値は11ヶ月と通常のDLBCLと比較して悪い。

多くは節性。縦隔, 鼻腔, 舌, 胃, 空腸, 骨, 軟部など種々の臓器を侵しうる。

 

Immunophenotype:

  • 複雑. 2016年, ALK+ large B-cell lymphoma112例の免染結果reviewが報告されている. *1
     
  • CD30は陰性。, (ALCLからの連想で, CD30が陽性と考えがちであるが, 染まることは少ない。Sakamotoらの報告*1では 18/111, 16%に陽性)
     
  • CD20, CD3といったlineage markerはほとんど陽性にならない!
     
  • Cytokeratin(AE1/3): たまに陽性となる!。この場合, 診断のため生検される組織はリンパ節なので原発不明癌と診断されることになる。
     
  • EMAもほぼ全例で発現がある。上皮というよりも形質細胞(EMA陽性です。)への分化を示す。*2
     
  • CD4が半数以上陽性, CD57がときに陽性
     
  • CD138+: びまん性によく染まる。
     
  • Immunoglobulins: IgAが一番多い。次いでIgG. kappa or lambda-light chain。
     
  • PAX5 weakly+: ホジキンリンパ腫のように腫瘍細胞核に弱く染まる
     
  • ALK+:ALKの発現は定義上すべての症例にみられる。ALK遺伝子の融合パートナーの違いにより染色パターンが異なってくる。

ALK融合遺伝子

ALKfusionLymphoma01.jpg

1. NPM(nucleophosmin)-ALK [t(2;5)(p23;q35)]

2. CLTC-ALK [t(2;17)(p23;q23)]

3. SEC31A-ALK*3:[t(2;5)(p23.1;q35.3)] 第3の融合パートナー

4. SQSTM1-ALK*4*5

5. unknowns

骨髄病変

山梨大学医学部 Dr.大石直輝: 骨髄HEではvesicularな核をもつ大型異型細胞がorganoid pattern, 類上皮様配列をとり増殖している。癌腫の転移と紛らわしい所見。

ALKB_HE01.jpg(570.4KB) クリックで大きな画像が見られます。

腫瘍細胞は接着性がみられ, 索状に増殖, 上皮性腫瘍のように見える。

DLBCLspecial.jpg
 

Virtual SlideおよびImmunophenotypeなど: Sorry, 閲覧にはID, passwordが必要になります。

ALK-postive large B-cell lymphomaVS閲覧--->Virtual Slide

骨髄組織標本のPDFスライド閲覧--->PDF

ALK+ LBCLは形態的にリンパ腫に見えないことがある。(CKが染まる場合, 低分化な癌に誤診されてしまう)

Plasmablastoid/immunoblastoid morphology 形質芽細胞/ 免疫芽球様形態, phenotypeを示す腫瘍のひとつに入れられる(右図)

ALK+ LBCLは形質細胞腫に見えることがある。

ALKを染めることが診断に直接結びつく。

鑑別診断に, ALK+ inflammatory myofibroblastic tumor(IMT); 形態が似ることがある。


*1 Wang WY, et al., [Diffuse large B-cell lymphoma with expression of anaplastic lymphoma kinase protein: clinicopathologic and immunohistochemical study of 5 cases].Zhonghua Bing Li Xue Za Zhi. 2006 Sep;35(9):529-34.[Article in Chinese]
*2 Valera A, et al., ALK-positive large B-cell lymphomas express a terminal B-cell differentiation program and activated STAT3 but lack MYC rearrangements.Mod Pathol. 2013 Apr 19. doi: 10.1038/modpathol.2013.73. [Epub ahead of print]
*3 Haematologica 2013 March; 95(3): 509-513
*4 Takeuchi K, et al., Identification of a novel fusion, SQSTM1-ALK, in ALK-positive large B-cell lymphoma. Haematologica. 2011 Mar;96(3):464-7. doi: 10.3324/haematol.2010.033514. Epub 2010 Dec 6.PMID:21134980 Free PMC Article
*5 d'Amore ES, et al., STAT3 Pathway Is Activated in ALK-positive Large B-cell Lymphoma Carrying SQSTM1-ALK Rearrangement and Provides a Possible Therapeutic Target.Am J Surg Pathol. 2013 May;37(5):780-6. doi: 10.1097/PAS.0b013e318287791f.
*1  Sakamoto K, et al. ALK-positive large B-cell lymphoma: identification of EML4-ALK and a review of the literature focusing on the ALK immunohistochemical staining pattern.Int J Hematol. 2016 Apr;103(4):399-408.

添付ファイル: fileDLBCLspecial.jpg 230件 [詳細] fileALKB_HE03.jpg 275件 [詳細] fileALK_HPF01.jpg 279件 [詳細] fileALKB_HE01.jpg 950件 [詳細] fileALK_HPF01_s.jpg 259件 [詳細] fileALKB_BMHE06.jpg 285件 [詳細] fileALKB_HE01_s.jpg 278件 [詳細] fileALKB_HE03_s.jpg 269件 [詳細] fileALKfusionLymphoma01.jpg 690件 [詳細] fileALKB_BMHE06_s.jpg 276件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-05 (土) 21:45:12 (649d)