Breast cancer--乳癌の基礎

 

乳癌のmolecular classification

2000年, Perou CMらは, DNAマイクロアレイをもちいて, 遺伝子発現パターンによる乳癌分類をおこなう.
同一腫瘍で再現性のある発現パターンを示す496遺伝子のサブセットを選択し, intrinsic gene subsetとしてこれらを乳癌検体で再検討しintrinsic subtype分類を樹立した.*1*2

Perouらのintrinsic subtype classification : 「intrinsic」; original paperでは, 「個々の腫瘍で発現が変化しない, 固有の発現状態を示す」という意味*3

1) luminal type: 管腔型

2) basal-like type: 基底様(類基底)型

3) HER2(ERBB2) type: HER2型

4) normal breast-like: 正常乳腺様型

この分類のkeyとなる遺伝子クラスターには, 以下のものがある

1. HER2クラスター;HER2, GRB7などHER2を含む17q12の増幅単位(amplicon)に位置する遺伝子群.

2. 基底上皮関連クラスター;CK5, CK17, EGFR, P-cadherinなど基底上皮/筋上皮に特徴的な遺伝子群.

3. ルミナル(管腔)上皮/ERクラスター;ERα, XBP1, FOXA1, GATA3など,管腔上皮に発現し, ERαにより発現が制御される遺伝子群.

4. 正常乳腺様クラスター;脂肪組織など非上皮組織で発現する遺伝子群

 

 高精度マイクロアレイによる, 細胞増殖遺伝子クラスターを加えた再サブクラス分類 (2006 Huら*4)

1) Luminal A type; ERクラスターが高度に発現する型

2) Luminal B type; ERクラスター発現がより低く, 細胞増殖クラスターの発現が高い型

3) HER2陽性(HER2+) type; HER2クラスター発現が高く, ERクラスター発現がほぼ陰性.

4) 基底細胞様 basal-like type; 基底上皮細胞特徴的分子を発現. 細胞外分子発現も高い傾向がある.

この4型が現在の intrinsic subtypeの基本型となっている.

  • Huらのintrinsic subypte分類は癌細胞のgradeや予後とも強い相関があった.
     

PAM50

乳癌多重遺伝子検査のひとつ, 基本的に早期手術可能乳癌, 特にホルモン受容体陽性でリンパ節転移陰性または1-3個まで症例が対象で
予測予後や, 内分泌療法に化学療法を加えるかどうか, 適応決定診断を目的にする.
PAM50/Prosigna®の他, Oncotype DX®, Mamma Print®, Map-Quant DX®, Endo-Predict®, Curebest 95GC Breast®がある.

Perouらが提唱したintrinsic subtype分類をFFPE組織の測定系で乳癌診断用に開発されたもので50gene assayともよばれる.

Prosigna(NanoString? Technologies, Seattle, WA)という商品名で測定系のNanostring nCounter Dxとのセットでintrinsic subtype分類とリスク評価モデルとして臨床検査に導入されている.

pN0乳癌症例の検討では, subtype分類と, 腫瘍ごとに算出する再発リスクrisk of relapse(ROR)は予後と有意に相関し, 術前化学療法の効果予測が可能であった.

内分泌療法を受けたER陽性乳癌患者さんで, RORスコアは予後予測, 晩期遠隔再発予測に有用であった.

HER2陽性乳癌

HER2遺伝子(c-erbB-2, neu)増幅またはHER2タンパク質過剰発現が認められるHER2陽性乳癌は全乳癌の10-30%

HER2陽性乳癌は組織学的異型度が高い(Grade3), invasive ductal carcinomaが多く, なかでも広範囲に乳管内進展成分を有する例に高頻度に認められる.

2001年にトラスツズマブ適応以前は予後不良の癌と知られる一方で, アンスラサイクリン系抗がん剤に感受性が高いことも知られていた.

HER2陽性乳癌のうちホルモン受容体陰性のHER2陽性乳癌は, HER2-enriched型とよばれ, ホルモン受容体陽性のluminal B(HER2陽性)型とは別に治療戦略をたてられている.

HER2検査ガイドが, 乳がんHER2検査病理部会より作成されており, IHC法によるHER2発現判定基準, ISH法によるHER2増幅判定基準ほかが記載されている. 2001年の初版いらい3度の改訂が行われ, 現在は第4版が出版されている.--->日本病理学会のPDFが無料でダウンロード可能.


*1  Perou CM, et al. Molecular portraits of human breast tumours. Nature. 2000 Aug 17;406(6797):747-52.
*2  Sørlie T, et al. Gene expression patterns of breast carcinomas distinguish tumor subclasses with clinical implications. Proc Natl Acad Sci U S A. 2001 Sep 11;98(19):10869-74.
*3  津田均 乳癌の内因性サブタイプ・多重遺伝子診断 森谷卓也, 津田均編 腫瘍病理鑑別診断アトラス乳癌 第2版 2016; pp224-232 文光堂 東京
*4  Hu Z, et al. The molecular portraits of breast tumors are conserved across microarray platforms. BMC Genomics. 2006 Apr 27;7:96.PMID:16643655 PMCID:PMC1468408

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-02 (日) 12:17:05 (107d)