WikiPathologica

FCMでCD20-negative, IHCでCD20cy-positiveを示した後腹膜CD5-positive DLBCLの症例

IWT-case 右腎背側後腹膜腫瘤針生検組織 67yo femal 作成中

 

サムネイルをクリックすると大きな画像が見られます。

3447-needlebiopsy-loupe.jpg(155.9KB) 3447-HE.jpg(439.8KB) 3447-HE02.jpg(399.9KB) HE染色 左loupe像, 中央 x200, 右 x400

 

3447-FCM.jpg(164.4KB) 3447-CD20.jpg(352.8KB) 3447-CD5.jpg(323.2KB) FCM、CD20, CD5染色

 

FCMでは細胞数が少ないがCD5+細胞が100%で腫瘍細胞を反映していると考えられる。しかしsCD20陽性細胞は0.0. 一方, 免疫染色ではCD20cyが強陽性を示している。kappa, lambdaは各々26%でdeviationはない。
plasma cellはHEで, ほとんど見られないのでこれはB-cellが50%ほどはあるということ. このB-cellがsCD20-, CD20cy+, CD5+と推察される。CD19もFCMでは陰性。免染は? あと, CD79aやPAX5などは:PAX5は陽性。

軽鎖の発現に偏りがないのも問題となる。軽鎖発現異常の類似症例も報告されている。

 
 
CD20 molecule.jpg
 

CD20はタイプ桂譽織鵐僖で, 4回細胞膜を貫通するTM4(テトラスパンファミリー)に属している。TM4にはCD9, CD37, CD53, CD63, CD81, CD82, CD151からなる大きな家系とCD20とFcεIRのβ鎖からなる2つの家系がある。

CD20のファミリーはIC(intracellular)1, IC3ドメインが長く細胞質内に働きかける構造であるのに比べ, CD9ファミリーはEC2が長くて細胞外からの信号を受け取ろうとする構造のようである。

CD20とFcεIRのβ鎖はN末端の一次構造も類似性が高く, 染色体の位置も同じ(11q12.2)。CD20にはTyr(チロシン)はないが, 細胞内部分にSer, Thrが多く, ここがリン酸化される。一方FcεIRのβ鎖にはIC3にITAM構造(YXXLX6YXXL)がありCD3ζ鎖のようにチロシンのリン酸化によって細胞内にシグナルが伝えられる。

rituximab, ofatumumabの結合するアミノ酸は細胞外に位置しており、一方抗CD20抗体(L26)の認識するepitopeは細胞内にあることが確認されている. *1

CD20はリン酸化されて, B細胞を活性化するとともに, 活性化すると細胞内Ca2+の増加が知られている。テトラスパン構造がCa2+の流入通路となる。Ca2+を通りやすくするためにCD20はホモ多量体を形成していることが確認されている。

文献

Mason DY et al.Antibody L26 recognizes an intracellular epitope on the B-cell-associated CD20 antigen. Am J Pathol.1990 Jun; 136(6): 1215-1222.

Yokose N, et al. CD5-positive diffuse large B-cell lymphoma with an unusual phenotype: Cytoplasmic CD20 (+), surface CD20 (-). Leuk Lymphoma. 2006 Jul;47(7):1415-7.PMID:16923582

Tokunaga T, et al. De novo diffuse large B-cell lymphoma with a CD20 immunohistochemistry-positive and flow cytometry-negative phenotype: molecular mechanisms and correlation with rituximab sensitivity.Cancer Sci. 2014 Jan;105(1):35-43.

Walsh KJ, et al. Discordant expression of CD20 by flow cytometry and immunohistochemistry in a patient responding to rituximab: an unusual mechanism. Clin Lymphoma Myeloma. 2007 Jan;7(4):319-22. PMID:17324342

 
 
antiCD20drugs.jpg

山口素子 新たに開発された抗体治療 リンパ系腫瘍 がん分子標的治療 2015; 13(2): 24-27より

  • type I: 脂質ラフトへCD20を誘導し, 強いCDC活性を示す
  • type II: 脂質ラフトへCD20を誘導しない。CDC活性は弱いが, 同種細胞凝集能とアポトーシス誘導能が強い

CDC: complements-dependent cytotoxicity (補体依存性細胞障害)
CDC活性をもった抗体が抗原に結合すると同時に補体経路が活性化されて細胞が障害される。

ofatumumabは2013年5月にフルダラビン抵抗性CLL治療*2に国内承認された。


*1  Mason DY et al.Antibody L26 recognizes an intracellular epitope on the B-cell-associated CD20 antigen. Am J Pathol.1990 Jun; 136(6): 1215-1222.
*2  Wierda WG, et alOfatumumab as single-agent CD20 immunotherapy in fludarabine-refractory chronic lymphocytic leukemia. J Clin Oncol. 2010 Apr 1;28(10):1749-55.

添付ファイル: fileantiCD20drugs.jpg 60件 [詳細] file3447-needlebiopsy-loupe_s.jpg 145件 [詳細] file3447-needlebiopsy-loupe.jpg 280件 [詳細] file3447-FCM_s.jpg 131件 [詳細] file3447-FCM.jpg 337件 [詳細] file3447-CD20_s.jpg 167件 [詳細] file3447-CD20.jpg 315件 [詳細] file3447-CD5_s.jpg 147件 [詳細] file3447-CD5.jpg 322件 [詳細] file3447-HE02_s.jpg 140件 [詳細] file3447-HE_s.jpg 144件 [詳細] file3447-HE02.jpg 302件 [詳細] file3447-HE.jpg 323件 [詳細] fileCD20 molecule.jpg 296件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-06 (金) 08:10:23 (595d)