第63回中部交見会症例一覧へ戻る

Solitary fibrous tumor arising in the lateral ventricle--CHUBU1094

飯田市立病院 臨床病理科 池山環ほか/ 79歳男性/ 左側脳室腫瘤

Speaker's Diagnosis:Solitary fibrous tumor arising in the lt. lateral ventricle

Discussion

floar01: この腫瘍の良悪性はどう考えていますか?

speaker: malignant SFTのWHO診断定義4/10hpf以上のmitosis, 壊死がみられること, 細胞密度の著しい増加などがあがっていますがクライテリアとしては明確な悪性の基準はありません。本例では壊死も見られませんし, 核分裂増も多くないことから良性と考えています。

floar01: 私のカウントしたところでは10視野5個カウントできますよ。

speaker: 私のところでも10視野4個のところがありました。これは基準の下限ですが, 全体として壊死が乏しいところを考えると良性でよいのではと考えました。

floar01: 端的に言ってSFTは完璧な良性とは考えない方がよいのではないかと言うことが基本的にあることと, mitosisは多い部分を数えるほうがよい。そうすると悪性になるんでは・・・

speaker: 鑑別としてあがったpericytomaなどと比べると再発率は低いと言われています。benignとしてと言いますか, 普通のSFTとして切除された中にも再発の報告はされているので良悪の鑑別は難しいのではないかと思います。

floar01: (臨床への)reportにはmalignant potential があるということを何らかの方法で伝えた方が良いと思います。

spearker: わかりました。ありがとうございます。

floar02: mitosisは10視野に5個以上あるようなので, 悪いSFTとして発表されるのかなと思いました。私は一視野に7-8個くらい見えるところがありました. MIB-1も少し高いようでしたがこれは見解の相違なのであえて討論はしません。すこし増殖性があるときはコメントした方が良いと私は思います。先生方がmitosisは0-4個しかなくて, MIB-1 indexが<4%といわれるならそれは仕方ないと思います。発生部位としては, 脳室内のSFTはcase reportがあるのでしょうか?

spearker: 脳室内のSFTに関しては一例報告レポートとしては脳神経外科領域でも出ていますし, 現在までの交見会でも報告されています。ただ脳室壁との髄膜との連続が明らかであることが多いとおもわれまして, あくまでも臨床の先生の手術の所見ですが動脈一本でつながっていて脳室内に浮遊するという例は見つけられませんでした。

floar02: 通常脳室内のmeningiomaはいわゆるchoroid plexusのなかにはいっていくarrhacnoidcapselから出るといわれています。そうするとCD34陽性のfibroblastもここに入ってきて良いと思われますから発生部位についてはそれで説明できるのではないかと私は思います。

speaker: ありがとうございます。

floar3: 良悪性についてですが, 私もSFT頭蓋内病変を経験したが, 組織所見は悪性に見える所見はなかった。ただ腫瘍を取り切れない場所にありました。腫瘍が大きくなったらとるということで5年ほど経過を見ていたところ再発ごとに悪性度が増していって最後は亡くなりました。再発ごとにmalignant potentialがあがっていくことがあるので, とりきれていないばあいは悪性としてあつかう方が良いと思います。あと、その時もHEでhemangiopericytomaとの鑑別で悩みましたが, 塗銀染色でpericytomaだと細胞周囲を取り囲む所見がでて鑑別に役に立つのではないかと思っています。塗銀の所見はどうでしたか?

speaker: 塗銀染色は細胞周囲には染まらず膠原線維束の輪郭の方ににそまっていた。これでSFTと鑑別できるかどうか難しいと考えています。私としましてはHE染色で太い硝子化膠原線維が見られ, それが腫瘍の大部分をしめていることでSFTとして診断しました。

Chairman: きれいな症例をありがとうございました。

( 注:実際のDiscussionを元に再構成したものです. 実際のdiscussionとは異なっています。)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1396d)