中部交見会症例

CHUBU1142 Enteropathy-associated T cell lymphoma

金沢大学大学院医学系研究科・分子細胞病理学 鈴木潮人 (speakerの許可を得て掲載。)

macro02.jpg
macro01.jpg

60歳代 男性 

マクロ所見では小腸輪状ヒダの肥厚が特徴的, 表面には潰瘍やびらんを伴うことが多い。割面で病変部は正常小腸壁の2倍以上の厚みを有する充実性病変。

病理組織所見

loupe01.jpg
lpf01.jpg
mpf01.jpg
Fig.01Fig.02Fig.03 腺窩の蚕食像
mfp02.jpg
mpf03.jpg
Fig.04Fig.05

免疫染色

CD3im.jpg
CD20im.jpg
CD5im.jpg
CD3CD20CD5
CD4im.jpg
CD8im.jpg
CD56im.jpg
CD4CD8CD56
 

Speaker's Diagnosis: Enteropathy-associated T cell lymphoma-->疾患の解説


添付ファイル: fileloupe01.jpg 716件 [詳細] filelpf01.jpg 678件 [詳細] fileCD20im.jpg 743件 [詳細] fileCD8im.jpg 736件 [詳細] fileCD56im.jpg 659件 [詳細] filemacro02.jpg 801件 [詳細] fileCD4im.jpg 687件 [詳細] filempf01.jpg 706件 [詳細] filemacro01.jpg 765件 [詳細] fileCD3im.jpg 713件 [詳細] fileCD5im.jpg 657件 [詳細] filempf03.jpg 751件 [詳細] filemfp02.jpg 672件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1485d)