中部交見会症例

CHUBU1206

Speaker's Diagnosis: Mesonephric adenocarcinoma

Differential Diagnosis

  • Endometrioid adenocrcinoma
  • Cervical adenocarcinoma, NOS
  • Mesonephric adenocarcinoma--->基本的には頸部発生の腫瘍。
  • Adenomatoid tumor
  • Sex cord like tumor

mesonephric adenocarcinoma

  • 基本的には頸部発生の腫瘍。(子宮頸部側壁深部, 3時と9時、中腎管の走行する部位)
  • Mesonephric adenocarcinomaは中腎管の遺残(mesonephric remnant)から発生すると考えられている腫瘍。
  • 中腎管遺残, 中腎管過形成(mesonephric hyperplasia)が腫瘍に隣接していると診断に有用。
  • 免疫染色結果:
    • CK(AE1/3), CAM5.2, CK7, EMAは100%陽性。calretinin(88%), vimentin(70%), androgen receptor(33%), inhibin(30%, focal), Ki-67 LI:平均15%,
      CK20, ER, PgR, CEAの4マーカは100%陰性*1
  • CD10はmesonephric hyperplasia, mesonephric adenocarcinoma いずれも陽性*2
  • 中腎管遺残とはほぼ同様の染色態度を示す。( CD10+, CK7+, ER-, PgR-)
  • 本例では腫瘍深部に主腫瘍に比較して増殖活性の低い小型の腫瘍胞巣増殖が認められ, 中腎管過形成との鑑別が問題になった。
  • 腫瘍の増殖領域が広く、頸部体部いずれからの発生か決定が困難であった。

Discussion

Chairwoman: 腫瘍内増殖活性の不均一なこと、など非常にまれなケースを提示いただきました。

floar01: 深部の胞巣はmesonephric remnant hyperplasiaじゃないかと思いますがいかがでしょうか。


*1 Mesonephric adenocarcinomas of the uterine cervix: a study of 11 cases with immunohistochemical findings. Silver SA, et al. Am J Surg Pathol. 2001 Mar;25(3):379-87. PMID:11224609
*2 CD10 expression in epithelial tissues and tumors of the gynecologic tract: a useful marker in the diagnosis of mesonephric, trophoblastic, and clear cell tumors. Ordi J, et al. Am J Surg Pathol. 2003 Feb;27(2):178-86. PMID:12548163

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1331d)