中部交見会症例

第76回中部交見会

管理人の覚書/ノートのため, discussionや記載内容はそのままのものではなく, 管理人が編集しています。個人的な意見などがはいっています。

1369 metastasizing goiter/ extremly well-diff. follicular adenocarcinoma?

谷田部先生への質問とお返事(discussionと休憩時間の質問,まとめ)

  • NRAS codon61変異はdriver mutationなのでしょうか?
  • NGSで拾ってくる瑣末な変異とはちがって、follicular carcinomaでしっかり確認, 確立されている変異です。
  • この症例は転移が考えられcarcinomaが強く考えられます。しかしthyroid tumorの組織をみて一般的なfollicular neoplasmとまったく違っていたので驚いているんですが。
  • だから、変異が見つかったことに, われわれも驚いたんです。ただ、thyroidの組織については、goiterとするには線維化などの退行性変化が少なすぎるように思えます。
  • RASのpathway は、たとえば膵腫瘍ではがん以前の病態から変異が見つかっています。thryoidにおいてはどの段階から見つかるものでしょうか?
  • それを調べるために類似の症例をあつめて詳しく分析していかなければならないんです。このような組織像でも遺伝子変異が検出され, 転移を生じている。注意が必要です。それが今回, この症例をだした目的です。
     

COSMIC (Catalogue of Somatic Mutations of Cancer)---thyroid follicular carcinomaの変異遺伝子 top20

thyroid-follicular-ca-COSMIC.jpg

添付ファイル: filethyroid-follicular-ca-COSMIC.jpg 279件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-20 (日) 20:04:39 (1087d)