SPS-城南病理

Carcinoma showing thymus-like differentiation(CASTLE) of the thyroid

静岡がんセンター病理診断科 大石琢磨ほか

症例甲状腺左葉腫瘤の病理所見まとめ

肉眼所見

  • 甲状腺左葉腫瘍。左葉下極より突出する腫瘤(70x40x35mm)
  • 肉眼的に腫瘤境界は明瞭で白色多結節性である
  • 右葉には病変は認められない。

組織所見

  • 細胞境界が明瞭な扁平上皮に類似する高N/C比多角形細胞が分葉状の胞巣構造を形成して増殖
  • 細胞間, 胞巣間にはリンパ球浸潤を認める
  • リンパ管侵襲が認められる
  • 胸腺組織が認められたが, 甲状腺腫瘍とは連続性はみられなかった。

免疫・組織化学染色所見

  • mucicarmine: focally positive
  • 34βE12++, CD5++, CAM5.2+, CK19++, CK5/6++, TTF-1-, vimentin -.

Literature
Ito Y, et al. Clinicopathologic significance of intrathyroidal epithelial thymoma/carcinoma showing thymus-like differentiation: a collaborative study with Member Institutes of The Japanese Society of Thyroid Surgery. Am J Clin Pathol. 2007 Feb;127(2):230-6. (Pub medから無料でdown load可能です)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1361d)