Churg-Strauss Syndromeのページを見る

Eosinophilic granulomatosis with polyangitis (EGPA)

EGPAは以前, Churg-Strauss症候群, アレルギー性肉芽腫性血管炎(allergic granulomatous angitis:AGA)と呼ばれていたが, 2012年Chapell hill国際会議においてEGPAが以下の4項目で定義され,病名が変更された.

  1. 呼吸器系の好酸球性炎症かつ壊死性肉芽腫性炎症
  2. 主に小〜中血管の壊死性血管炎
  3. 喘息と好酸球増多
  4. 糸球体腎炎があるときにANCAがしばしば陽性となる

作成中


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-29 (水) 14:01:30 (9d)