PathologyAtlas

Glassy cell carcinoma 子宮頸部スリガラス細胞癌

浜松医大医学部基礎看護健康学科 三浦克敏

24歳女性

macrotumor.jpg

Chief complain: irregular genital bleeding. 細胞診ではreserve cell hyperplasia, class兇任△辰燭, 腫瘍を疑われ生検が行われた。
punch biopsyでは腫瘍が認められ浸潤が確認された。hysterectomyが施行される。頚部にexophytic growthを示す腫瘤が認められている(青い矢印)

頚部細胞診所見---> 細胞診Fig01), 細胞診Fig02)
(you need ID and pass word to see the figure)

病理学的所見

SPSloupe.jpg
virtualslide01.jpg

子宮頚部腫瘤切除組織HE染色loupe像(--> 右図)

Virtual Slide:子宮頚部腫瘤(loupe像□の部分)
(You need ID and pass word to see the virtual slide, sorry )

 

病理組織所見

glassy01.jpg
glassy02.jpg
glassy03.jpg
glassy04.jpg
glassy05.jpg
glassy06.jpg
 

免疫染色:
CAM5.2, CEA(両者ともに部分的に陽性を示す)
p63:部分的に陽性
MUC1陽性, MUC2はpartialに陽性
CK17;陽性(頸部ではreserve cellのマーカとして使われる)
C-kit(CD117)わずかに+

 

Glassy cell carcinoma (adenosquamous cell carcinoma with glassy cell feature)

  • glassy cell carcinoma*1*2は, やや円筒形のreserve cellから発生したと考えられる低分化腺扁平上皮癌のvariantで全頚部癌のわずか1%である。一般に頚部浸潤癌は30-40歳にピークがあるが, glassy cell carcinomaは、それよりあきらかに若年婦人に発症する。発症と妊娠に関連があるとする研究もある。
  • 腫瘍は急激に発育する大きな外向性腫瘤を形成, または「樽状の頚部」を示すことがある。 組織学的には微粒子すりガラス様の細胞質をもつ大型多角形細胞のシート状増殖よりなる。細胞境界は明瞭で核小体の明らかな淡明な核をもつ。細胞間橋, dyskeratosis, 細胞内グリコーゲンを欠くがケラチン産生, 扁平上皮または腺への分化が認められる。部分的な淡明細胞分化も出現することがある。核分裂像は多い。間質への細胞浸潤が著明で, リンパ球, 形質細胞, 好酸球浸潤が認められる。とくに好酸球浸潤は特徴としてとりあげられる。glassy cellは部分的にムチンを産生し, CEAが陽性となることがある。
  • 超微形態でよく発達したdesmosomal complexやmicrovilliなど扁平上皮, 腺分化が確認できる(超微形態でしか扁平上皮または腺への分化は判定できないとする文献もある。)細胞質が,なぜglassyになるのか超微形態では不明。HPVはtype16, type18のDNAがglassy cell carcinomaの細胞に検出されている*3
 

Glassy cell carcinoma (WHO)*4

  • Variant of poorly differentiated adenosquamous carcinoma
  • Younger woman
  • Agressive and Poor prognosis
    • Resistant to radiotherapy
    • High rate of metastasis
    • stage for stage(予後はstageにより決まる。発見時にはすでに進行したstageが多い)
  • No preinvasive lesion
  • Voluminous exophytic mass
  • Large cells, distinct cell borders, ground-glass cytoplasm
  • Eosinophilic infiltration (non-keratinizing squamous cell caとの鑑別点)
  • tumor cells lack estrogen and progesterone receptors

glassy cell carcinomaは子宮内膜, 大腸での発生も報告されている。

Link

University of Pittsburgh School of Medicine Dep. of Pathology Online case studies No.100 ==>glassy cell carcinoma

中部交見会のglassy cell carcinoma症例--->glassy cell carcinoma_CHUB814


*1 Aru, A et al. Glassy cell carcinoma of the colon with human chorionic gonadotropin production. A case report with immunohistochemical and ultrastructural analysis. American Journal of Surgical Pathology. 20(2):187-92, 1996.
*2 Costa, MJ et al. Glassy cell features in adenosquamous carcinoma of the uterine cervix. Am J Clin Pathol 1991; 96:520-528.
*3 Kenny, MB et al. In situ hybridization for human papillomavirus DNA in uterine adenosquamous carcinoma with glassy cell features ("Glassy cell carcinoma"). Am J Clin Pathol 1992; 98:180-187
*4 WHO 「blue book」pp277-278, 2002

添付ファイル: fileglassy05.jpg 842件 [詳細] fileglassy06.jpg 1014件 [詳細] fileglassy04.jpg 861件 [詳細] fileglassy03.jpg 969件 [詳細] fileglassy01.jpg 1161件 [詳細] filevirtualslide01.jpg 785件 [詳細] filemacrotumor.jpg 869件 [詳細] fileglassy02.jpg 913件 [詳細] fileSPSloupe.jpg 845件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1330d)