WikiPathologica

interleukine 2 receptor (interleukine2 receptor)

IL2R.jpg

IL-2Rは, α(CD25, TAC), β(CD122)およびγc(CD132)の3種類のサブユニットから構成されている。

これらのサブユニットの組み合わせによりIL2に対する親和性から以下の3種のレセプターを形成する。

  • 1. α鎖のみからなる低親和性レセプター
  • 2. βγ, αβの組み合わせからなる中親和性レセプター
  • 3. αβγの組み合わせからなる高親和性レセプター

IL-2のシグナルはβγ二量体とαβγの三量体と結合したときのみ細胞内へ伝達される。つまりβ, γサブユニットがないとIL-2受容体として機能しない

CCP: complement control protein 約60アミノ酸に4つのCysがあり1-3, 2-4間にSS結合がかかる。

JAKキナーゼのうち, JAK3はIL-2受容体γ鎖に会合し, その情報を伝える。このためJAK3阻害剤が免疫抑制剤として使えないか期待されている。

Treg(制御性T細胞)の2つの中心的免疫抑制機能メカニズムの一つに, IL-2と関連分子の制御があげられる。(もう一つはCTLA-4の制御)

 

CD25

CD25は最初に発見された(内山卓先生,京都大学ウイルス研)サイトカインレセプタで後にIL-2レセプタのα鎖であることが解明された.

CCP(complement control protein)は免疫グロブリンに似た構造で, 7つのβストランドとβターンよりなり*1, 他のβ構造の蛋白との間に接着しやすい. CD25ではCCPの繰り返しが少ないことが特徴。CCPの後にはそれぞれ40アミノ酸の挿入部がありセリン/スレオニンに富み, Oグリコシル糖鎖も多く親水性接着もおこしやすい。

N側のCCP1(D1 domain)でIL-2に結合し, C側のCCP2(D2 domain)でIL-2Rのβ, γ鎖に結合すると推測されている。短い細胞内部分はリン酸化に関与するといわれる。

CD25には細胞外部分のみが切れた可溶性CD25(sCD25)があり, CD25の代謝が盛んなとき血清中に増加し臨床的に有用である。sIL-2R

正常細胞に発現はすくないが, 活性化T, Bリンパ球に発現しIL-2を受け取りさらに増殖する。さらに活性化された単球, NK細胞, マクロファージ, 胸腺細胞, 骨髄幹細胞, オリゴデンドロサイトにもみられるがこちらは従と考えられる。
制御性T細胞は CD4+, CD25+

ATL, EBV-infected B cell, Hodgkin cell, Crohn病浸潤リンパ球の50%以上, hairly cell leukemiaなど活性化された疾患のT,Bリンパ球に多く認められる。

CD122

IL-15も結合しT細胞の増殖を引き起こす。


*1 Norman D, et al. Three dimensional structure of a complement control protein module in solution. J Mol Biol 219:717-725, 1991

添付ファイル: fileIL2R.jpg 1384件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-29 (木) 12:35:21 (726d)