Lag time consultation-Free version

卵巣腫瘤 70歳女性 臨床診断:Ovarian cancer

腹部膨満を主訴に来院.骨盤腔内を占拠する腫瘤を認める. 辺縁は不明瞭. 胸水腹水あり.化学療法を3コース施行後,摘出手術を行う.
血中CA125: 2872U/ml, 化学療法後は406U/mlに減少した. ATH+BSO, 腫瘍,大網切除およびリンパ節拡清.

磐田市立総合病院症例

肉眼所見

Uterus01.png
Uterus02.PNG
Uteruscut.png
マクロ所見切り出し図割面像

(クリックで大きくできます)

ミクロ所見

HEの所見

HE10a.png
HE20a.png

Virtual Slide-->卵巣腫瘍HE像のVirtual Slideが見られます.

(サーバのsign in ページが現れたら, sign in as guestをクリックして下さい.virtual slideルーペ像が見えたら右クリックで拡大ができます)

 

免疫染色

CKAE1-3.png
CK7.png
CEA20.png
CAM5-2.png
CK,AE1/3CK7CEACAM5.2

この他, hCG-β陰性, alpha-fetoprotein陰性, placental Al-p陰性です

comment

多型性の高異型度上皮性腫瘍のようです。術前化学療法の影響もありますが,two cell patternの様な所見が気になります。組織型の名前をどうつければよいでしょうか?

wikipathologica@gmail.comへ当症例へのコメントをお寄せ下さい


添付ファイル: fileCK7.png 791件 [詳細] fileCAM5-2.png 916件 [詳細] fileHE20a.png 780件 [詳細] fileCEA20.png 758件 [詳細] fileHE10a.png 758件 [詳細] fileUterus01.png 812件 [詳細] fileUteruscut.png 770件 [詳細] fileUterus02.PNG 787件 [詳細] fileCKAE1-3.png 748件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1545d)