血液腫瘍病理学

Peripheral T-cell lymphoma NOS.

ヘテロな疾患群であり, 節性, 節外性の成熟T細胞リンパ腫で以下の特別に定義されたカテゴリーに含まれない. 一般に, ほぼ全例が成人に発症し, 侵襲的/重症の臨床経過をとる.*1

AITL(Angioimmunoblastic T-cell lymphoma)

Nodal PTCL with T-follicular helper(TFH) phenotype ???

Adult T-cell lymphoma/leukemia

ALK+ anaplastic large cell lymphoma(ALCL)

ALK- anaplastic large cell lymphoma(ALCL)

T cell/histiocyte-rich B-cell lymphoma: これはB-cell lymphomaでは?

T-zone lymphoma

T follicular helper T-cell phenotype(Tfh T-cell phenotype): CD10, BCL6, PD1, CXCL13, CXCR5, ICOS, SAPのうち少なくとも2つ(できれば3つ)以上のマーカが陽性となる. Tfh T-cell phenotype リンパ腫は PTCL, NOSからは除外される*1..--これは問題の残るカテゴリー. Kurita/Ohshimaらの論文*2参照.

Lennert lymphomaは Lymphoepitheliod lymphomaの名称で, PTCL-NOSのvariantとして記載されている. (WHO 4th revised classification)*1

 

Lymphoepithelioid lymphoma (Lennert lymphoma)

profK-Lennert.jpg
 

びまん性増殖を示す. より頻度は少ないが濾胞間増殖をしめす症例もある.

  • 主な構成細胞は小型リンパ球. 円形, 軽度に不整な核をもちクロマチンは粗で細胞質は狭い. たまに淡明細胞が見られるが数は少ない.
     
  • 中型から大型のリンパ球がいくつか散在する.類上皮細胞集塊の周囲に見られる.-中型は円形核で微細なクロマチンと小さな核小体がある. 大型細胞は典型的な免疫芽球.
     
  • 最大の特徴は 大型類上皮細胞の小集塊が多数みられること. 類上皮細胞の核は楕円形あるいは腎臓の形をしており, ときに多核のものやLanghans細胞がある.
     
  • 炎症性細胞(好酸球, 形質細胞浸潤も認められる.)の混在やが認められる.
     
  • RS細胞やHodgkin細胞は通常みられない. 1つの切片に2つ以上のRS細胞が認められる場合は, 類上皮細胞を多く含むHD(mixed type)と診断すべき.
    わずかにReed-Sternberg様B細胞が出現することがある. このB細胞は通常EBVが陽性である.
     
  • 細胞分裂像はまれに出現しT細胞のみに認められる.
     
  • リンパ濾胞はみられない, 消失していることが多い.
     
  • 壊死は認められず, HEV(high endothelial venules)も通常は非常に少ない.
     
  • ほとんどの症例で, 腫瘍細胞はCD8+, cytotoxic molecular+ の細胞.*1--論文によりこの点は異なる?
     
     

History

1968年-Prof Dr med. karl Lennert(右写真)はHodgkin lymphomaの亜型として「lymphogranulomatosis」を記載. 中年に多く, 扁桃腫大, 肝脾腫の頻度が高い.

1975年-Lennertらは,「lymphogranulomatosis」はNon-Hodgkin lymphomaの一つと考えlymphoepithelioid cell lymphoma(LeL)と命名した.

1976年-Burkeらが類上皮組織球に富む悪性リンパ腫15例を報告. 臨床病理的にImmunoblastic lymphadenopathy(IBL)に似ていた.
その後 表面マーカの検討からLeLはhelper T-cellの腫瘍であるとされた.

1978年-Kimらが19例の類上皮組織球にとむ悪性リンパ腫を報告, この中にはHD, B細胞型, T細胞型が含まれ, Lennert lymphomaはT細胞リンパ腫として独立した疾患ではないかと考えた.
1980年にKimらは類上皮組織球の集塊を「Lennert病変」とよんで60症例を報告, HD-27例, NHL-24例, AILD-1例, 分類不能-8例とした.

1970後半- 1980年にかけて Lennert lymphomaはKi67染色やTCR解析よりPTCLの一つと確認された.

1987年-SuchiらのPTCL分類を提唱, これをもとに1988年 updated Kiel分類がなされLennert lymphomaはこの分類の1項目となった.

1994年-REAL分類では, Lennert lymphomaが PTCL unspecifiedに包括され, update Kiel分類のT-zone lymphoma, pleomorphic small/medium/large, immunoblastic T-cell lymphomaと同じカテゴリに含まれることになった.(欧米ではPTCL症例が少なく, 専門家であっても再現性のある分類をつくることが困難であったとされている)

2002年WHO分類

2008年WHO分類

2016, 2017revisedWHO分類--上記定義とされ, PTCL,NOSのvariantとして扱われている.

 
 

文献

本邦の低悪性度PTCL;

Nakamura S, Suchi T. A clinicopathologic study of node-based, low-grade, peripheral T-cell lymphoma. Angioimmunoblastic lymphoma, T-zone lymphoma, and lymphoepithelioid lymphoma. Cancer. 1991 May 15;67(10):2566-78. doi: 10.1002/1097-0142(19910515)67:10<2565::aid-cncr2820671029>3.0.co;2-4. PMID: 1826629

Nakamura S, Suchi T, et al. Clinicopathologic study of 212 cases of peripheral T-cell lymphoma among the Japanese. Koshikawa T, Suzuki H, Oyama A, Kojima M, Motoori T, Ueda R, Takahashi T. Cancer. 1993 Sep 1;72(5):1762-72. doi: 10.1002/1097-0142(19930901)72:5<1762::aid-cncr2820720541>3.0.co;2-d. PMID: 8348506
21例のLennert lymphomaを報告している. AILDと比較してlymphadenopathyは局在し, 扁桃病変が多く, 肝脾腫は比較的少ない.

最近の本邦Lennert lymphomaに関する文献.

Kurita D, et al A Clinicopathologic Study of Lennert Lymphoma and Possible Prognostic Factors: The Importance of Follicular Helper T-cell Markers and the Association With Angioimmunoblastic T-cell Lymphoma. Am J Surg Pathol 2016 Sep;40(9):1249-60.PMID:27428734 DOI: 10.1097/PAS.0000000000000694

  • Kurita/Ohshimaらの論文では, Lennert lymphomaにTfh marker-positive case(;PD-1, CXCL13, CD10, BCL6のうち1つでも陽性であればTfh-positive)を含めて論じている. 26症例のうちTfh-marker+(15例/58%), Tfh-marker(-)が11例(42%). Tfh-marker陽性LeLは陰性LeLよりも予後が悪かった. Tfh-positive LeLとAITL症例の予後に変わりはなかった。
     
  • Tfh-positive LeLは B症状, 皮膚発疹, high-intermediate-IPindex/ high-risk IP index, CD21 FDS meshworkの拡張, 多型細胞浸潤, 淡明細胞浸潤, CD10とBCL6の陽性所見などがAITLに比べて, 明らかに低頻度であった.
    Tfh 関連分子の出現はLeLにおいて予後不良である有用なマーカーとなる.
     
     

Case-- Lennert病変を示すTFH marker-positive nodal PTCL

IWT case 47 year-old male

頭痛, 発熱で発症. 頸部リンパ節腫脹が続く. WBC13400/mm3, CRP2.2g/dl, 抗生物質投与を受けるが改善せず. 当院を紹介受診. 扁桃腫大なし. 
CTで頸部, 腋窩, 縦隔, 腹部, 骨盤部, 鼠径部に大小無数のリンパ節腫大あり. 脾腫あり. 肝臓も軽度に腫大している. 悪性リンパ腫が疑われ, 鼠径リンパ節を生検した.

 

lymph-node-loupe01.jpg(63.7KB) --> リンパ節のVirtual Slideを見る sorry you need ID&psswrd to see VS.

 
Lennert02.jpg(214.2KB)Lennert01.jpg(226.9KB)Lennert03.jpg(128.7KB)Lennert04.jpg(143.8KB)
類上皮様組織球の集簇,増生.下部 HEV増生あり.AITLと比べて軽度smallからcentroblastic cellの増殖. mitosis+類上皮組織球

好酸性で広い細胞質をもち地図様にひろがる, epithelioid histiocytesのclusterが多数形成されている.

増殖する細胞はCD3+, CD4+, PD-1+, CXCL13+, BCL6+, CD10+のTFH T-cellの性質を示す.診断困難症例(consultした中村栄男先生のcomment).

left AITLの症例の中には, 組織病理学的所見がLeLとオーバーラップするものがあり, AITLとLeLを区別する明らかなクライテリアも確立はされていない. Angioimmunoblastic lymphadenopathy-type of T-cell lymphoma with a high content of epithelioid cells. (Patsouris E/ Lennert K, et al.) *3

left LeLにTFHmarkers-positiveの症例があり, 2016年, Kurita/ Ohshimaらは TFH Cell marker-positive LeLとして臨床病理学的特徴を報告.*4

left 2017年WHO 4th revised classificationにおいては, LeLはCD8+, cytotoxic molecules+腫瘍細胞が増殖する, PTCL, NOSの1 variantとして記載された.---??? 欧米ではT-cell lymphomaの症例はまれなため, アジアの血液病理学者に分類をまかせるべきではないのかしらん?
Angioimmunoblastic lymphadenopathy-type of T-cell lymphoma with a high content of epithelioid cells. (Patsouris E/ Lennert K, et al.)もTFH Cell marker-positive LeLも無視された形になっている.

ちなみにKurita/ Ohshimaらの報告でLeLでCD8, CD4/8が腫瘍細胞に陽性なのは,26人の患者さんのうち, 各々4(15.4%), 1(3.8%).TIA1は4例に陽性であったが, granzymeBは陽性0%. WHO 4thの定義ではLeLはごくごくまれな症例のみが合致することになる.
Nodal PTCL with T-follicular helper(TFH) phenotype の項目にlymphoepithelioid lymphoma-typeの記載があるか?

AITL の項目内に epithelioid granulomaに富むAITL症例の記載がある*5-文献が2つ*6 *7

  • このタイプのAITL(epithelioid cell-rich AITL)は構成細胞の多様性が乏しく,HEVの増殖も軽度のため, AITL組織の特徴をマスクする. PTCL, NOS Lennert lymphomaに似るが, FDCの増殖が見られ, TFHmarkers-positive細胞の増殖が確認できる.*7

WHO分類2017 4th revisedではLennert 病変があっても, TFHmarkers-positiveであれば, AITLとその仲間に分類してしまうというコンセプトのようである.

  • Jaffe ESは 典型的なAITLと異なるvariantをperipheral T-cell lymphoma with AIL-like featuresと記載している. (Dr 中村栄男)

*1  Pileri S, et al. Peripheral T-cell lymphoma, not otherwise specified. In: Swerdlow SH, Campo E, Harris NL,et al, eds. WHO Classification of Tumors of Haematopoietic and Lymphoid Tissues. Lyon: IARC; 2008:306-308.
*2  Kurita D, et al A Clinicopathologic Study of Lennert Lymphoma and Possible Prognostic Factors: The Importance of Follicular Helper T-cell Markers and the Association With Angioimmunoblastic T-cell Lymphoma. Am J Surg Pathol 2016 Sep;40(9):1249-60.PMID:27428734 DOI: 10.1097/PAS.0000000000000694
*3  Patsouris E, et al. Angioimmunoblastic lymphadenopathy--type of T-cell lymphoma with a high content of epithelioid cells. Histopathology and comparison with lymphoepithelioid cell lymphoma. Am J Surg Pathol. 1989 Apr;13(4):262-75. doi: 10.1097/00000478-198904000-00002. PMID: 2648876
*4  Kurita D, et al A Clinicopathologic Study of Lennert Lymphoma and Possible Prognostic Factors: The Importance of Follicular Helper T-cell Markers and the Association With Angioimmunoblastic T-cell Lymphoma. Am J Surg Pathol 2016 Sep;40(9):1249-60.PMID:27428734 DOI: 10.1097/PAS.0000000000000694
*5  Dogan A, et al. Angioimmunoblastic T-cell lymphoma and other nodal lymphoma of T follicular helper cell origin. In: Swerdlow SH, Campo E, Harris NL,et al, eds. WHO Classification of Tumors of Haematopoietic and Lymphoid Tissues. Lyon: IARC; 2017:407-412.
*6  Agostinelli C, et al. Peripheral T cell lymphomas with follicular T helper phenotype: a new basket or a distinct entity? Revising Karl Lennert's personal archive. Histopathology. 2011 Oct;59(4):679-91. doi: 10.1111/j.1365-2559.2011.03981.x. PMID: 22014049
*7  Attygalle AD, et al. Peripheral T-cell and NK-cell lymphomas and their mimics; taking a step forward - report on the lymphoma workshop of the XVIth meeting of the European Association for Haematopathology and the Society for Hematopathology. Histopathology. 2014 Jan;64(2):171-99. doi: 10.1111/his.12251. Epub 2013 Oct 16. PMID: 24128129

添付ファイル: filelymph-node-loupe01_s.jpg [詳細] filelymph-node-loupe01.jpg 2件 [詳細] filemark-g.gif 2件 [詳細] fileprofK-Lennert.jpg 2件 [詳細] fileprofDrKarl-Lennert.jpg 1件 [詳細] fileLennert04.jpg 2件 [詳細] fileLennert04_s.jpg 1件 [詳細] fileLennert03_s.jpg 1件 [詳細] fileLennert03.jpg 3件 [詳細] fileLennert02_s.jpg 1件 [詳細] fileLennert02.jpg 4件 [詳細] fileLennert01_s.jpg 1件 [詳細] fileLennert01.jpg 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-26 (火) 12:24:18 (2d)