PathologyAtlas

Poorly differentiated neuroendocrine cell carcinoma of the rectum

Iwata City Hospital 72year-old male

以前は便秘気味であったが, 1ヶ月ほど前よりウォ-キングの歩行中に便意を頻回におぼえるようになった。排便をしても少量の水様便が排泄されるだけだった。安静時や臥床時には症状はない。体重が1ヶ月で4kg減少。便意の改善がないため当院を受診。直腸診で腫瘤をふれ直腸癌の疑いで入院精査治療となる。

tumorcut01.jpg
tumormacro01.jpg

全身状態良好. 下部消化管内視鏡で直腸RbからRsに表面は壊死, びらんのある, 不整な皿状隆起病変を認めた。左鎖骨上窩に硬い腫瘤をふれる他, echo, 造影CTで腹腔内リンパ節腫大が認められた。SE, N4でstageIVと診断。原発巣の外科的切除と術後化学療法を行うことになる。

病理組織細胞所見

腫瘍のほぼ全域をFig.1の類円形大型核の細胞がシート状密に増殖, 細胞の結合は弱くばらばらに増殖するように見える。第一の診断は, 非ホジキンリンパ腫(DLBCL), 核小体が複数で辺縁散在パターンが異なるが, 悪性黒色腫など非上皮性悪性腫瘍を考えた。Fig.2では、細血管を中心に細胞が放射状に配列し, rossett様に見える部分。organoid patternはこのくらいのレベル。Fig.3では多型核の細胞や2核細胞を示す。

porNEC01.jpg
rossett01.jpg
pleomorphic.jpg
Fig.1Fig.2Fig.3

Virtual Slide--->直腸腫瘍

右クリックで新しいウィンドウで開くと便利です。Sign as guestでログインして下さい。

免疫染色所見

増殖細胞はchormograninA, synaptophysin陽性の細胞が多く認められた。大腸癌に陽性となるCK20は, ごくわずかな細胞のみでほとんどが陰性。CDX2は部分的に陽性となった。このほかCEAが一部の細胞に陽性を示した。p53陽性細胞は多数認められた。

chromograninA01.jpg
synapto01.jpg
CDX2c.jpg
CK20hpf01.jpg
chromograninAsynaptophysinCDX2Cytokeratin20
CEA01.jpg
p53a.jpg
CEAp53
 

*Reference

Miyamoto H. et al. Poorly differentiated neuroendocrine cell carcinoma of the rectum:report of a case and literal review J Med Invest 53: 317-320, 2006

Giannopoulos A., et al. Poorly differentiated carcinoma of the rectum with aberrant immunophenotype: A case report. World J Gastroenterol 13(44):5951-5953


添付ファイル: filechromograninA01.jpg 988件 [詳細] filerossett01.jpg 1094件 [詳細] fileporNEC01.jpg 938件 [詳細] filetumorcut01.jpg 1087件 [詳細] fileCK20hpf01.jpg 920件 [詳細] filepleomorphic.jpg 1113件 [詳細] filep53a.jpg 952件 [詳細] fileCKAE1-3a.jpg 400件 [詳細] filesynapto01.jpg 1029件 [詳細] fileCEA01.jpg 1025件 [詳細] fileCDX2c.jpg 1009件 [詳細] filetumormacro01.jpg 979件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1446d)