PathologyAtlas

症例;Progressive transformation of germinal center (PTGC)

43歳男性 頸部リンパ節

平成X年1月頃から頸部他表在リンパ節の腫大あり。精査を行うが悪性疾患の可能性乏しく経過観察となる。11月になっても頸部リンパ節の腫大が改善せず。生検をおこなう。 軽度肝機能障害ありAST 61, ALT 132, LDH 175IU/l, sIL-2R 422, CRP(-)

頸部リンパ節生検標本病理所見

Virtual Slideを見る--->頸部リンパ節   右クリックで新しいウィンドウで開くと便利です。

HE染色像と免疫染色

クリックで大きな画像が見られます。

HE01.jpg
HE02.jpg
CD10a.jpg
CD10Ma.jpg
HEHECD10CD10
bcl2a.jpg
bcl2Ma.jpg
CD5ajpg.jpg
CD5Ma.jpg
bcl-2bcl-2CD5CD5
CD20a.jpg
CD20

病理組織所見

大きな胚中心を持つ多数のリンパ濾胞が見られる。胚中心の辺縁は不明瞭でマントル層も薄くなっている。1カ所マントル層リンパ球の侵入によりバラバラになった巨大な胚中心が認められ, macrofollicular patternと記載されるPTGCです。鑑別にあがるfollicular lymphoma floral variantは全ての濾胞が腫瘍性であり, 本性例では除外可能と考える。

Diagnosis: Reactive lymphadenitis with PTGC

PTGCは組織所見であり, 単独の疾患単位ではありません。

謝辞

PTGCの診断について群馬がんセンター, 小島勝先生にconsultationしました。深謝いたします。

References

濾胞のevolutionについて記載した論文(小島先生お薦め)

Follicular Hyperplasia, Follicular Lysis, and Progressive Transformation of Germinal Centers: A Sequential Spectrum of Morphologic Evolution in Lymphoid Hyperplasia Chung-Che Chang, et al, Am J Clin Pathol 2003; 120:322-6

  • PTGCはReactive hyperplasiaの,一組織形態像として「germinal centers that are lost in a mass of lymphocytes」と記載されたのが最初であり(Lennert and Mueller-Hermelink, 1975), reactive follicular hyperplasiaのリンパ節に一番よく出現する.
  • chronic nonspecific lymphadenitisを示す反応性リンパ節に3.5%から10%が一カ以上のPTGC領域がみられると報告されている。()
  • 小児例の50%未満には持続性あるいは再発性のPTGCが同一リンパ節領域に出現することがある。
  • florid PTGCはリンパ節過形成に認められる主要なパターンであり, 小児か20-30歳代の若い男性で, 頸部>鼠径部>腋窩部の順に認められる, 無症状, 単発性のリンパ節腫大

添付ファイル: fileCD5ajpg.jpg 1216件 [詳細] filebcl2a.jpg 1194件 [詳細] fileHE02.jpg 1500件 [詳細] fileCD5Ma.jpg 1170件 [詳細] fileCD10Ma.jpg 1354件 [詳細] filebcl2Ma.jpg 1338件 [詳細] fileCD10a.jpg 1407件 [詳細] fileCD20a.jpg 1286件 [詳細] fileHE01.jpg 1494件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-12 (木) 17:31:07 (246d)