静岡病理医会 第219回SPS症例01

Gastric carcinosarcoma 胃癌肉腫

症例 77歳男性 主訴:心窩部不快感

浜松医科大学病院病理部 目黒史織他

200X年12月、心窩部不快感を主訴に近医受診.上部消化管内視鏡により胃潰瘍と診断されて内服治療を行っていた.翌年9月人間ドックの上部消化管造影検査で胃に陥凹性病変を指摘されて当院消化器内科を受診する。血液検査で貧血あり。

肉眼所見(内視鏡,胃切除組織)

組織所見

■■Virtual Slideを見る--->胃腫瘤 右クリックで新しいウィンドウで開くと便利です。Sign as guestでログインして下さい。

Speaker's Diagnosis

True Carcinosarcoma of the stomach

胃癌肉腫の臨床病理事項

  • 胃癌肉腫True Carcinosarcoma 51症例における異所性成分への分化
    異所性成分への分化は16例にみられ, 3つ以上の成分に分化していたのは3例,2つの成分に分化していたのは3例, 1つの異所性成分を認めたのは10例であった
    異所性成分としては, 筋14例(平滑筋7例, 横紋筋5例, 不明2例), 軟骨7例, 骨・類骨 3例, 線維1例

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1568d)