静岡病理医会

膣壁腫瘍--膣壁に発生したGIST

静岡市立病院病理 森木利昭

43歳女性
6年前、他院で膣粘膜下腫瘍切除。病理診断は平滑筋腫であったらしい。 数ヶ月前から前回の腫瘍部と同部位に腫瘤を自覚し当院婦人科受診。膣粘膜直下に硬い腫瘤が認められた。なお、既往歴を含め腹部臓器や肺に腫瘍なし。
腫瘍マーカー:CA125, CA19-9, SCC正常範囲。

画像所見:MRIでは膣と直腸の間に4cm大の腫瘍を認める。

case03MRI01.jpg
case03MRI02.jpg

病理組織所見

case03macro.jpg
micro01.jpg
 

________________________________________________________

micro02.jpg
micromitosis.jpg
CD34.jpg
c-kit.jpg

膣発生GISTの文献

1. Ceballos KM, et al. Gastrointestinal stromal tumor presenting as a recurrrent vaginal mass. Arch pathol Lab Med.2004;128:1442-1444.

75歳の1例を報告(膣GISTとしては最初の症例報告)。9年前に同部の2.5cm大の腫瘍 (leiomyomaと診断され、核分裂像は11/50HPFs)が切除され今回再発(4.5x2.0x1.8cm大)。 核分裂像は12〜15/50HPFs。

2. Weppler EH, et al. Malignant extragastrointestinal stromal tumor presenting as a vaginal mass: report of an unusual case with literature review. Int J Gyencol Cancer.2005;15:1169-1172.

66歳の1例を報告。8cm大の腫瘍。

3. Lam MM, et al. Extragastrointestinal stromal tumors presenting as vuluvovaginal/rectovaginal septal masses: a diagnostic pitfall. Int J Gynecol Pathol.2006;25:288-292.

3例報告:1例はleiomyoma, 2例はleiomyosarcomaと診断されていた。大きさは4〜8cm大。核分裂像は12〜16/50HPFs。2 年後、10年後に再発。残りの1例は経過観察期間が短く再発なし。

4. 齋藤真紀、他. 初回診断が平滑筋系腫瘍であった膣腫瘍の再検討ー膣原発GISTの存在ー.日婦腫瘍会誌.2004,22:246. 膣原発GISTの2例を報告。


添付ファイル: filecase03MRI01.jpg 2255件 [詳細] fileCD34.jpg 1407件 [詳細] filemicromitosis.jpg 1380件 [詳細] filemicro02.jpg 1473件 [詳細] filec-kit.jpg 1401件 [詳細] filecase03macro.jpg 1382件 [詳細] filemicro01.jpg 1440件 [詳細] filecase03MRI02.jpg 2794件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1447d)