Staff's page

浜松医科大学第一病理Staffページコンテンツです。VSの閲覧はパスワードが必要です。

第58回 中部支部交見会結果(日本病理学会中部支部のHPから引用)


第58回中部支部交見会 2007年12月2日(土)、名古屋第二赤十字病院病理部 都築豊徳先生(参加人数:150名)

症例検討 症例番号 出題者所属・氏名 / 症例 / 臓器 / 臨床診断 / 病理診断

 

967.愛知医科大学・高橋恵美子他 / 20歳代男性 / 唾液腺 / 唾液腺腫瘍

Sebaceous carcinoma

968.福井大学・今村好章他 / 10歳代女性 / 頭頚部 / 副鼻腔腫瘍

Small cell carcinoma, neuroendocrine type

若年者に発生した副鼻腔のsmall round cell tumorで、olfactory neuroblastomaやrhabdomyosarcomaとの意見も多かったが、細胞形態や免疫染色も小細胞癌に合致するものだった。

 

969.黒部市民病院・高川清 / 20歳代男性 / 頭頚部 / 上顎嚢胞

Ameloblastoma, unicystic type

非腫瘍性の上顎嚢胞や扁平上皮系腫瘍との鑑別について解説された。

 

970.信州大学・上原剛他 / 50歳代女性 / 脳 / 動静脈奇形

AVM-associated oligodendroglial hyperplasia

AVMの周囲に見られたoligodendrogliaの増殖性病変。Oligodendrogliomaとの鑑別が問題となった。術後2年の経過で再発なく、反応性病変を支持する経過だった。

 

971.金沢大学・澤田星子他 / 10歳代女性 / 甲状腺 / 甲状腺腫

Cribriform-morula variant papillary carcinoma

FAPの合併に関して議論がなされた。FAP非合併例であるが、それ以外の遺伝的素因の有無について議論がなされた。長期経過が知りたいとの意見もあった。

 

972.金沢医科大学・佐藤勝明他 / 50歳代男性 / 甲状腺 / 甲状腺腫瘍

Adenomatous nodule with bizarre nuclei

大型核を有する異型細胞の解釈が問題となった症例。最終的には変性像と解釈されたが、細胞診での診断や、細胞像に関して議論があった。

 

973.藤田保健衛生大学・浦野誠他 / 60歳代男性 / 甲状腺 / 頚部腫瘍

Carcinoma showing thymus-like differentiation

その組織発生について議論がなされた。Graves病で全摘された甲状腺内に見られた異所性胸腺のきれいな画像も供覧された。粘液陽性細胞の出現についても議論があった。

 

974.佐久総合病院・塩澤哲他 / 70歳代女性 / 乳腺 / 乳癌

Adenoid cystic carcinoma

Adenomyoepitheliomaやneuroendocrine carcinomaなどの意見もあった。Basaloid cellの出現について議論があった。

 

975.福井大学・法木左近他 / 30歳代女性 / 皮膚 / 皮膚線維症

Solitary reticulohistiocytoma

Juvenile xanthogranulomaやRosai-Dorfman diseaseとの意見もあった。Rosai-Dorfman diseaseとsolitary reticulohistiocytomaとの異同などacademicな意見が出された。

 

976.刈谷豊田総合病院・島田聡子他 / 60歳代男性 / 縦隔 / 縦隔腫瘍

Undifferentiated carcinoma

中縦隔に発生した腫瘍で、seminomaとの鑑別が問題となった症例。また、異所性胸腺由来との意見もあり、中縦隔の異所性胸腺の頻度などについて議論があった。

 

977.名古屋医療センター・森谷鈴子他 / 40歳代男性 / 縦隔 / 前縦隔腫瘍

Sarcomatoid carcinoma

組織診断の困難な症例だった。その組織診断と予想される予後について専門家に意見を伺いたい症例だった。

 

978.富山県立中央病院・内山明央他 / 30歳代女性 / 心臓 / 右心房腫瘍

Angiosacoma

発生部位が珍しい症例で、生検では中皮腫との鑑別も問題となったが、切除材料でangiosarcomaと診断された。

 

979.金沢医科大学・木下英理子他 / 60歳代女性 / 肺 / 肺腺癌

Interdigitating dendritic cell tumor

Inflammatory pseudotumorやfollicular dendritic cell tumorとの意見もあった。HEではFDC tumorが疑われたが、免疫染色でFDC markerの発現が見られなかった。

 

980.佐久総合病院・石亀廣樹他 / 44歳代女性 / 肺 / 右肺腫瘍

Mucinous adenocarcinoma

以前の交見会に提示されたsignet ring cell carcinomaとの対比がなされた。また、その組織発生、杯細胞や気管支腺との関連性について解説された。

 

981.金沢医療センター・川島篤弘 / 70歳代男性 / 胃 / 胃癌

Early gastric cancer with EBV-associated lymph nodesユ metastasis

広範なリンパ行性転移を伴った早期癌。転移巣はEBV陽性だったが、原発巣ではEBV陰性であり、他部位に原発巣があるのではないかとの意見があった。

 

982.金沢大学・佐々木素子他 / 70歳代女性 / 肝臓 / 肝細胞癌

Early cirrhosis with fatty change, cryptogenic

原因不明の肝硬変で、外科的切除肝ではNASHとの診断は困難であったが、その後NASHのflare-upが見られたとの経過が提示された。

 

983.岐阜市民病院・山田鉄也他 / 50歳代男性 / 腹膜 / 中皮腫

Multicystic peritoneal mesothelioma

類似の症例を経験された先生から意見があった。今後の経過や、その悪性度に関して議論があった。

 

984.名古屋市立大学・藤吉行雄他 / 30歳代女性 / 虫垂 / 急性虫垂炎

Enterocolic lymphocytic phlebitis

複数回の腹腔内炎症を呈した症例で、感染症との鑑別が問題となった。Mesenteric veno-occlusive diseaseの疾患群について解説があった。

 

985.諏訪赤十字病院・小林実喜子他 / 50歳代女性 / 大腸 / 腸閉塞

Idiopathic mesenteric phlebosclerosis

特徴的な画像所見が提示され、典型例との意見があった。Enterocolic lymphocytic phlebitisとの関連性についても意見があった。

 

986.三重大学・高村光幸他 / 女児 / 腎臓 / Wilms tumor

Clear cell sarcoma of the kidney

組織学的に典型例と考えられた症例。

 

987.福井赤十字病院・伏屋芳紀他 / 70歳代男性 / 腎臓 / 腎腫瘍

Epithelioid angiomyolipoma

PEComaとの鑑別が問題となった症例。他臓器のangiomyolipomaとの組織学的差異について解説があった。

 

988.厚生連高岡病院・増田信二 / 高齢女性 / 腎臓 / 真菌症

Disseminated Fusarium falciforme infection

Fusariumに関して詳細な解説があった。病理組織学的に診断することが難しく、血管疾患のある患者の真菌症ではFusarium感染の可能性も考慮しないといけないと思われた。

 

989.焼津市立総合病院・久力権 / 60歳代女性 / 卵巣 / 卵巣腫瘍

Clear cell adenofibroma, borderline malignancy

両悪の鑑別が問題となった症例。このような組織像の腫瘍で再発した症例の紹介があった。

 

990.市立砺波総合病院・杉口俊他 / 50歳代男性 / リンパ節 / 悪性リンパ腫

Nodal marginal zone lymphoma, floral variant

珍しい組織型のリンパ腫で、HEでは良悪やその組織型に関して意見が分かれた。ユニークな写真を使った印象に残るプレゼンだった。

 

991.豊橋医療センター・中村悦子 / 50歳代男性 / 軟部 / 軟部腫瘍

Low-grade fibromyxoid sarcoma

Cellular myxomaとの鑑別が問題となった。CD34の発現が見られる点.が合致しないが、組織像はlow-grade fibromyxoid sarcomaが最も考えられるとの意見があった。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:20 (1543d)