WikiPathologica

WHO2016 classification of lymphoid neoplasms

BloodのReview Series*1および中村栄男先生の講演から

WHO2016 - New Aspects

  • 第4版のプラスという位置づけである。--新しい疾患単位の提唱自体はない。既知の暫定項目から疾患単位への昇格, また新たな暫定項目の設置で対応する。
     
  • 遺伝子変異を公式な診断へ組み入れる-e.g. High-grade B-cell lymphoma with translocations involving MYC and BCL2
     
  • 染色体変異, 遺伝子異常, クローン性増殖の限界を理解する. これらは必ずしも治療対象としてのリンパ腫を意味しない。- e.g. Helicobacter pylori-associated clonal proliferation
     
  • 疾患単位における有意な臨床的亜群の認識- eg. Duodenal-type FL, non-nodal leukemic MCL
     
  • 形態学的亜群の表現型, 遺伝子変異による包括化- eg. Nodal PTCL of follicular helper T-cell(TFH) origin covering AITL, PTCL, of TFH type, and Follicular T-ML
     
  • 新たなリンパ増殖異常症の認識:形態はリンパ腫に準じるも長期遷延性, 自然寛解 - EBV+ mucocutaneous ulcer, lymphomatoid gastropathy/NK-cell enteropathy, indolent T-cell LPD of the GI tract
     

 What's New in B-cell Lymphoma

  • リンパ形質細胞性リンパ腫と他の低悪性度B細胞リンパ腫の鑑別の進歩- MYD88L265P
     
  • 初期病変の分類化: -MBL(monoclonal B-cell lymphocytosis), follicular & mantle cell in situ neoplasia
     
  • 小児濾胞性リンパ腫の特殊性の理解
     
  • 多くのB細胞腫瘍での二次的異常としてのMYC転座の知見の深化
     
  • Double Hit and Double Expressing agressive B-cell lymphoma(MYC/BCL2)の認識
     
  • 結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫(B細胞性)とT細胞・組織球豊富型B大細胞性リンパ腫の鑑別は依然として課題。

*1  Swerdrow HS, et al. The 2016 revision of the World Health Organization classification of lymphoid neoplasms

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-04 (金) 09:18:45 (1808d)