トップページへ戻る

Wikipathologica--Web consultation の実験ページです.

Consultation 症例を募集しています。
サーバ上に症例を掲載しておいて,他の病理医の方から意見,アドバイス,診断などをいただきます。
Real time consultationに対してLag time consultationと名付けました。

ヨーロッパにはBasel大学のMartin Oberholzer教授が運営されている大規模な''i-Pathシステムがあります。

症例を掲載しコメントを書き込めるサーバスペースを準備しました。 Web consultation症例掲載を希望される方はwikipathologica@gmail.comへメールして下さい.

  • 臨床事項
  • 肉眼所見と肉眼画像
  • 組織所見と組織画像
  • 提出者の診断または疑問・悩んでいる点など

以上のelementで1つの診断コンサルテーションページを作ります

画像のアップロードの方法についてはこちらをご覧下さい。 Virtual Slide (Nanozoomerを使ったVS)が有用な場合はVSの掲載と配布を予定しています。

特定のグループにのみ公開したい場合はパスワードを使った閲覧制限版が利用できます。

consultationのページ

 

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:21 (1395d)