*Endocrine Pancreas 膵内分泌組織 [#zc512b01]

血液グルコース濃度を調節するホルモンを分泌する器官で''ランゲルハンス島 ilets of Langerhans''と呼ばれる細胞集団をつくり, 膵臓全体に見られるが尾部に多い。種々のサイズは大小さまざまで, 数個から何百個の細胞から構成され, 総体積は膵重量の1-2%に過ぎない。多角形の細胞が短く不整なコード状構造を示し,窓の開いた毛細血管網が間質となる。膵ランゲルハンス島の内分泌細胞は胎生9-12週に確認されるようになる。
''血液グルコース濃度を調節するホルモン''を分泌する器官で''ランゲルハンス島 ilets of Langerhans''と呼ばれる細胞集団をつくり, 膵臓全体に見られるが''尾部に多い''。種々のサイズは大小さまざまで, 数個から何百個の細胞から構成され, 総体積は膵重量の1-2%に過ぎない。多角形の細胞が短く不整なコード状構造を示し,窓の開いた毛細血管網が間質となる。膵ランゲルハンス島の内分泌細胞は''胎生9-12週''に確認されるようになる。

#ref(Langerhansilet.jpg,around,30%)
クリックで大きな画像が見られます。ランゲルハンス島のHE染色像~
HE像でも小さめな細胞が辺縁に認められ、おそらくGlucagon産生のA細胞と考えられる。

#clear
&color(#228B22){■};''ランゲルハンス島から分泌されるホルモン''

|Cell type|CENTER:%|産生ホルモン|ラ氏島での分布|CENTER:免疫染色図|
|A細胞|15-20%|Glucagon|ラ氏島の辺縁部に多い傾向|#ref(Glucagon01.jpg,,20%)|
|B細胞|60-70%|Insulin|ラ氏島の中心部に多い|#ref(Insulin02.jpg,,20%)|
|D細胞|5-10%|Somatostatin|ラ氏島辺縁部に多い傾向|#ref(somatostatin02.jpg,,20%)|

''Insulin インスリン''~
インスリンは血糖調節において中心的な役割をはたす。
-細胞内部に存在するグルコース輸送体(GLUT4)の細胞膜への移行を促し脂肪組織や筋肉おけるグルコースの取り込みを高め, 血糖はすみやかに低下する。

-肝臓のグルコース取り込みには直接影響しないが, 解糖, グリコーゲン合成, 糖新生を制御する酵素に対抗する影響を介して長期的なグルコースの取り込みを亢進する。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS