[[FrontPage]]

*Web2.0の考えによる病理アトラスの作成 [#l4dcf93f]
世の中、IT技術を使い,いろいろな方の知を結集してものづくりをめざすようになって来ました. Web2.0と言うそうです.みんなで作るネット百科事典[[Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8]]がその1つです.病理の世界では北海道大学の「[[いむ〜の:http://gdi.med.hokudai.ac.jp/]]」が運営されています(ご発展をお祈りしています) ~
病理アトラスの作成がWikipediaのようにできないでしょうか?画像を自由にアップして短いコメントをつけておく. また閲覧した他の病理医のコメントを載せられるようにする. PukiWikiの技術を使えば作成は簡単のようです. まず[[小さな地域から>静岡病理医会]]始めてみようと思っています. 実験です. 病理画像のスナップショットだけでなくヴァーチャルスライドにして, 希望する方にはファイルとして配布することも計画しています.
-病理アトラス ''Wikipathologica''((wikiwikiとはハワイの言葉で「急いで」という意味です))と名づけました.
-ネット上コンサルテーション=>[[Lag time consultation]]ページをご覧ください。(閲覧にはlog inが必要です)
-ネット上交見会
*Virtual Slideによるスライド作成と病理医への配布 [#gf3744f5]
[[浜松医大病理学第一講座:http://www2.hama-med.ac.jp/w1a/patho1/jp/index.html]]・[[浜松ホトニクス:http://jp.hamamatsu.com/index_f.html?dir=/division/sys/pd243/pd267/nzoomb&lang=ja&ext=xml]]と協力してヴァーチャルスライド(以下VS)の作成をしています。
顕微鏡で検鏡するのと画質は変わりません。PCが顕微鏡になります.診断したスライドとおなじ組織像がいくらでもコピーできて、染色が劣化することはありません.ネット上でのやりとりも可能です.~
ヴァーチャルスライド閲覧ソフトは無料でインストールが可能です.(PDFのAcrobatのような運用です.)~
#br

***VSデータ共有化には次のような方法が考えられます。 [#kf14c0a6]

1. Bit Torrentによるファイル共有 ~
ヴァーチャルスライドは一検体ごとのファイルサイズが大きいので(数百メガから1ギガほど)配布にはP2Pの技術、[[''torrentファイル'':http://ja.wikipedia.org/wiki/BitTorrent]]にしてやりとりしようと計画中です.配布に必要なソフトはフリーソフトです.(Bit CometやAzureusなどのフリーTorrentソフトです.)
交見会・研究会など参加者にスライドを送付してもらいヴァーチャルスライド化してファイル共有(P2P)で配布します。~
#br
2.サーバ上のデータとしてPCから閲覧可能とする~
VS機器にはサーバソフトが期限有償で付属していて,このソフトを使うとPCのWebから簡単に閲覧ができるようです。しかし10万円/月と高価で手が出ません。将来的に大きな組織が運営すれば可能でしょう。~
このため現在はinternet VPN(Virtual private network)技術をつかって閲覧が可能にならないか実験中です。 ~
#br
3.DVDに焼いて配布します。最もオーソドックスな方法です。DVD代と郵送料がかかります。

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS