[[WikiPathologica]]

*CD21 and CD23 molecule [#r85f4bae]
#br
''CD23/FcεR兇CD21''はIgE産生とB細胞分化に重要な役割をになっている. (B細胞特異的抗原)
#br
SIZE(16){''CD23''}

&color(#e2041b){''IgE受容体のうち, 低親和性IgE受容体(FcεR; Low affinity immunoglobulin epsilon Fc receptor)''};であり''C型レクチンファミリー''に属する.

高親和性IgE受容体(FcεR)は主にマスト細胞, 好塩基球, 樹状細胞に発現しI型アレルギー反応を惹起する中心的な分子である.

CD23は主にB細胞に発現し, 抗原-IgE複合体が結合して, IgE産生調節に関与する. 

&color(darkgreen){''気道や腸管上皮細胞のCD23は''};抗原-IgE複合体のtranscytosisに関与する.免疫複合体を細胞内に取り込み分解して, ''B細胞のようにリサイクルして細胞表面に抗原-IgE免疫複合体を発現''はさせない.

FcεR, FcεR/CD23いずれもIgEのCε3領域と結合する.

NCBI Gene; FCER2 [[ID2208:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/gene/2208]] @19p1.32
-CD23 タンパク質は、可溶性の分泌型としても存在し、強力なマイトジェン成長因子として機能する. 

-FCRE2遺伝子についてスプライシングにより転写変異体が産生され異なるCD23アイソフォームをコードするとされている。
#br

#ref(CD23molecule.jpg,around,right,90%)
''CD23の構造''


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS