[[WikiPathologica]]

*CD21 and CD23 molecule [#r85f4bae]
#br
''CD23/FcεR兇CD21''はIgE産生とB細胞分化に重要な役割をになっている. (B細胞特異的抗原)
#br
SIZE(16){''CD23''}

&color(#e2041b){''IgE受容体のうち, 低親和性IgE受容体(FcεR; Low affinity immunoglobulin epsilon Fc receptor)''};であり''C型レクチンファミリー''に属する.

高親和性IgE受容体(FcεR)は主にマスト細胞, 好塩基球, 樹状細胞に発現しI型アレルギー反応を惹起する中心的な分子である.

CD23は主にB細胞に発現し, 抗原-IgE複合体が結合して, IgE産生調節に関与する. 

&color(darkgreen){''気道や腸管上皮細胞のCD23は''};抗原-IgE複合体のtranscytosisに関与する.免疫複合体を細胞内に取り込み分解して, ''B細胞のようにリサイクルして細胞表面に抗原-IgE免疫複合体を発現''はさせない.

FcεR, FcεR/CD23いずれもIgEのCε3領域と結合する.

NCBI Gene; FCER2 [[ID2208:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/gene/2208]] @19p1.32
-CD23 タンパク質は、可溶性の分泌型としても存在し、強力なマイトジェン成長因子として機能する. 

-FCRE2遺伝子についてスプライシングにより転写変異体が産生され異なるCD23アイソフォームをコードするとされている。
#br

#ref(CD23molecule.jpg,around,right,95%)
''CD23の構造''

''細胞内部分''

N末端から22アミノ酸残基の細胞内部分と26残基の膜貫通部分がある. 細胞内部分の違いで2つのアイソタイプがあり, N末端からMEEGQYSと続くCD23aとMNPPSQとなるCD23b. その後はまったく変わらない. (機能的には細胞内にチロシンがあるかないかでリン酸化がかわるかもしれない.)

CD23aは成熟B細胞に限局し, CD23bは単球, 好酸球などに分布する. 刺激されるとともに細胞内cAMPが増加し, CD23aではPLCの活性化からIP3産生, 細胞内Ca2+濃度が増加し, 増殖へ向かう. 

CD23bではPLCの活性化ではなく, iNOS(inducible nitric oxide synthase)活性化とスーパーオキシドの分泌となる.

''細胞外支持部分''

TMの後, 115残基の線維部分がある. ここには17残基のロイシンがあって7残基間隔で分布するロイシンジッパーが3カ所ある.これを含んだαヘリックスとして組み紐のようにホモ三量体を形成している.

細胞膜からレクチンまでのαヘリックスにあるM(メチオニン)150は切断部位で, ここで切れると糸のきれたレクチン部分が可溶性25kDaのsCD23となる.

切断部位は同定されていないが, 70-150残基のあいだに切れやすいところが3か所あり, 29, 33, 37kDaのsCD23が見つかっている.

''レクチン部''

分子の半分を占める残りの122残基には6つのシステインがあり, C型レクチンとして球状構造をとる. その先に37アミノ酸のしっぽがある. しっぽにはDGR配列(逆位のRGD配列)があって, フィブロネクチン, フィブリンなどに見られた接着モチーフとして働きうる. 

球状レクチンには, リガンドのIgE糖鎖, CD21のD5の糖鎖, CD11b, CD11cの糖鎖などが結合する.

#clear
#br
''CD23の局在''

成熟B細胞と単球, マクロファージが主なCD23の局在細胞.

上記の他, T細胞, 好酸球, 血小板, Langerhans細胞, 胸腺上皮, リンパ節濾胞樹状細胞にも発現する.

B細胞では, IgM, IgDダブルベアリング細胞, またIL-4刺激, T細胞B細胞間刺激による活性化B細胞のマーカとされる

CD23bが上記細胞に広く分布するのに対し, ''CD23aは休止期B細胞のみに発現する他, EBVに活性化されたB細胞にも強く発現している.''
#br

''CD23の機能'';CD23はリガンドの種類が多く, 発現細胞も多いことから機能は広範囲にわたる.細胞別やリガンドの種類により異なる.

''1. B細胞に発現しリガンドがCD21の場合''

B細胞の全般的な分化, 増殖に働く. 抗原侵入により抗原抗体補体複合体が形成されると, C3dgにB細胞のCR2(complement receptor2)であるCD21が結合, CD21のD5ドメインに別のB細胞のCD23が結合する. B細胞相互間のhomotypic aggregationとなり, 両方のB細胞が活性化されることになる. 

CD23aの細胞内部分には, TyrとSerがあり硫酸化されカゼインキナーゼ兇侶觜臧位となり細胞内Ca2+濃度上昇とPKC(プロテインキナーゼC)の経路によりB細胞の分化増殖に向い, 抗体産生に結びつく.

''2. B細胞でIgEがリガンドの場合''

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS