[[CHUBU1215]]

*急性巨核球性白血病 acute megakaryoblastic leukaemia (M7) [#ee9422ce]

//参考症例IWT H12-02676(bone marrow biopsy)

WHO2008の定義((WHO blue book: Tumor of haematopoietic and lymphoid tissues pp136-137)):Aute myeloid leukemia, NOSの一型であるAcute megakaryoblastic leukemia

急性白血病の一型で20%以上に増えた芽球の少なくとも半数(50%)が巨核球系であるもの。
MDS leukemiaから移行した例や, t(1;22)(p13;q13), inv(3)(q21;q26.2), t(3;3)(q21;q26.2)をもつAML例, Down症候群関連の症例は, このカテゴリ−には含まない。
#br
#br
***病理組織, 細胞所見 [#w129950b]

末梢血のsmall megakaryoblast(micromegakaryoblast); 中程度のN/C比, 細胞質のbudding(出芽), 微細な網目状クロマチンをもつ円形核をもつ。~
megakaryoblastは多彩な形態のため巨核球系であることの証明に, しばしば免疫染色が必要となる。''CD41, CD42, CD61''染色陽性が巨核球系の証明となる. 

&photo(M7_01PB.jpg);  &photo(M7_02PB.jpg);  ''CD41(anti-GPb/a)''は巨核芽球の幼弱な段階より検出され頻用される。
#clear
''巨核芽球megakaryoblast''~
-通常は中型ないし大型細胞で核は円形, ないしわずかに不整形。核クロマチンは繊細で1-3個の核小体をもつ。細胞質は好塩基性で顆粒は普通見られない。細胞突起や偽足が巨核芽球の特徴。
ときにN/C比が高い小型の芽球で、リンパ芽球との鑑別が困難である。

-MPO, naphtolAS-DCAE, SudanBはつねに陰性。
-PAS染色, AcP(acid phosphatase)染色が陽性となることがある。
-非特異的エステラーゼが細胞質に斑点状あるいは部分的に陽性のことがある。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS