[[WikiPathologica]]

*磐田市立総合病院病理診断科 Dev. of Pathology Iwata &color(red){C};ity Hospital [#m8c45e24]

***''歴史'' [#s177e52b]

#ref(磐田市立総合病院.jpg,around,right,90%)
-1999年 谷岡専任病理医として赴任. 磐田市大久保に新病院開院と同時に 臨床検査科病理としてスタート

--専任病理医1名, 病理担当臨床検査技師(細胞診資格あり) 3名でスタートする。

-2000年 磐田市立総合病院 研修指定病院となる。

-2008年 病理が標榜科となり 磐田市立総合病院病理診断科となる。

-2012年 鈴木潮人赴任. 専任病理医2名体制となる.

-2013年 大西一平. 病理専修医1名が加わる。

-2015年 嵩眞佐子, 静岡がんセンターより赴任. 専門医3名体制.

-2017年 大西一平ちゃんが病理専門医試験合格(祝!) 専門医として勤務開始

-2017年  嵩眞佐子 非常勤医として勤務.

-2018年 現在 専任病理医3名, 専修医1名(関連病院で研修中), 後期研修医1名, 非常勤病理医3名, 臨床検査技師6名(うち細胞診資格取得者4名)で病理診断を行う。

検体数:組織診 5600件/年、細胞診 7000件/年 , 剖検 10-15件/年
#br

#clear
>&color(red){SIZE(20){''病理医いつも募集中''}};:30歳代の若手病理医で外科病理に興味あるヒト常時募集中です。&color(red){もう若手ではないと思っている方でも、委細面談、まず年齢は問いません。};

>''機構病理専門医を目指す方は, 当院病理 鈴木潮人まで, ご連絡ください'':0538-38-5000(代)

-専門病理医, 研修指導医3名が責任をもって指導します。症例にもめぐまれ, FISH, PCRなどの手技も駆使して病理診断が可能です。

-浜松医大腫瘍病理と提携し, 社会人大学院生として博士号の取得も可能。''(給料をもらいながら、大学院卒で博士号が取得できます!! こんな有利な環境はないよ。)''

-連絡先:0538-38-5000(代表) PHS 6129または内線2900 谷岡まで。メールは wikipathologica@gmail.com 

***''スタッフ紹介'' [#b4d03f7e]

''常勤病理医''(病理診断科3名のほか、病理専門医 嵩眞佐子が非常勤勤務中です)

|常勤病理医|>|>|>|>|
|副病院長 病理診断科部長|||||
|&ref(TaniokaDr.jpg);|谷岡 書彦| 防衛医大 S58年卒|外科病理 腫瘍病理 血液病理|日本病理学会認定病理専門医, 病理学会評議員, 病理専門医研修指導医 日本臨床検査医学会認定臨床検査管理医  日本内科学会認定専門医(資格放棄)|
|病理診断科部長|||||
|&ref(ShiotoDr.jpg);|鈴木 潮人| 金沢大 H09年卒|外科病理 腫瘍病理|日本病理学会認定病理専門医, 病理学会評議員, 病理専門医研修指導医, 細胞診指導医|
|病理診断科医長|||||
|&ref(DrOhnishi.jpg);|大西 一平| 浜松医大 H23年卒|外科病理|日本病理学会認定病理専門医(H29), 浜松医大腫瘍病理学講座社会人大学院院生|
|病理後期研修医|>|>|>|>|
||高橋 央|防衛医科大学 H27年卒|外科病理|防衛医科大学との共同プログラムで研修中|
|病理専攻医|>|>|>|>|
||水上 和夫|熊本大学 H28年卒|外科病理|聖隷浜松病院, 浜松医科大学で研修プログラム研修中|
|非常勤病理医|>|>|>|>|
|&ref(DrKasami.jpg,,80%);|嵩 眞佐子|浜松医大 H元年卒|外科病理 乳腺病理|日本病理学会認定病理専門医|
#br
''非常勤病理医(院外)''

>椙村 春彦 東京大学 S57年卒 浜松医科大学腫瘍病理学講座 教授

>遠藤 雄三 東京大学 S47年卒 浜松医科大学腫瘍病理学講座 シニアアドバイザー

#br

***''日本病理学会中部支部交見会受賞'' [#l78d999b]

#ref(ippei-jushoh.jpg,around,right,80%)

>
-学術奨励賞(カテゴリーA:専門医試験合格前)大西 一平先生(磐田市立総合病院)第19回中部支部スライドセミナー(2016年3月)

#br
-学術奨励優秀発表賞 大西 一平先生(磐田市立総合病院)第19回中部支部スライドセミナー(2016年3月)

#br
-学術奨励優秀発表賞 谷岡 書彦(磐田市立総合病院)第18回中部支部スライドセミナー(2015年3月)--->CHUBU S2015-Case07 AILT with Hodgkin/RS cells and popcorn cells of B-cell lineage

#br
-学術奨励賞(カテゴリーA:専門医試験合格前) 大西 一平(磐田市立総合病院)第72回中部支部交見会(2013年12月)--->CHUBU 1288 hepatocellular adenoma, unclassified type

#br
-学術奨励優秀発表賞 鈴木 潮人(磐田市立総合病院)第71回中部支部交見会(2013年7月)--->CHUBU 1254 NUT midline carcinoma

#br
-学術奨励優秀発表賞 谷岡 書彦(磐田市立総合病院)第16回中部支部スライドセミナー(2013年3月)--->CHUBU S2013-Case01 Gaucher Disease, mesenteric lymphadenopathy

#br
-学術奨励優秀発表賞 鈴木 潮人(磐田市立総合病院)第70回中部支部交見会(2012年12月)--->CHUBU 1243 Angiosaroma of the corpus uteri
#br

#br
***''最近の論文・学会研究会発表(中部支部受賞発表は除く。上記をごらんください)'' [#rb94870b]

-第268回SPS「突然死した男子小学生の1剖検例」 Arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy (ARVC) 
//ウール病 '''''DSG2'''R292C''mutation
>水上和夫、大月寛郎、新井義文、小林 寛(聖隷浜松病院 
  病理診断科)
#br

-第268回SPS「IgD multiple myeloma の一例」CD20-positive IgD myeloma
>高橋 央, 大西一平, 鈴木潮人, 谷岡書彦(磐田市立総合病院 病理診断科)--->[[発表スライドPDF>IgD and IgE myeloma --unusual myelomas#sd462a6e]]が参照可能です.
#br

-第265回静岡病理医会(SPS)
「転移性肺腫瘍の一例」---ameloblastoma metastasized to the lung
>鈴木潮人ほか(磐田市立総合病院 病理診断科)
#br

-第264回静岡病理医会(SPS)
「CD45/leukocyte common antigen(LCA)陽性 thymic poorly diff. squamous cell carcinoma の2症例-腫瘍細胞の由来を考えてみました」
>谷岡書彦(磐田市立総合病院 病理診断科)
#br


-第263回静岡県病理医会(SPS)
「生検で化生癌が疑われた乳腺腫瘍の一例」--DCIS and giant cell tumor(GCT)
>磐田市立総合病院病理診断科 鈴木潮人ほか
#br


-第262回SPS
「混合表現型急性白血病, MPAL with t(9;22)(q34;q11.2); BCR-ABL1の一例」
>磐田市立総合病院病理診断科 谷岡書彦ほか
#br


-第260回静岡病理医会(SPS)カンファレンス [#bb59e75c]
第260回SPSカンファレンスは [[SPS-城南病理合同懇談会>SPS-城南病理#u7d4d7a6]]です
2016年10月23日(日)東京都江東区豊洲5-1-38 昭和大学江東豊洲病院9階講堂
#br
#clear

#br
#br



***''臨床検査技師・細胞診診断'' [#r24362f0]

> &ref(pathologystuff.jpg,around,);

現在, 専任の臨床検査技師6名が勤務しています。細胞診検査士5名, 国際細胞診検査士3名です。
#clear
>鵜野さんは、このページの似顔絵作者です(現在退職され他院勤務中)。本人の似顔絵は書くのが大変ということでにゃんこにしています。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS