*サーバーがこわれました。Orz [#z9a6f130]

浜松ホトニクス提供のDELLサーバーがこわれました。2014年8月初旬。windows server 2003という来年にはサポート終了のOSを使っています。NDP imagesのサーバなのでもう一度だけ浜松ホトニクスに修理を依頼しました。~
同じサーバーにwikipathologicaも間借りしていまひたので、お引越しが必須の状況となりました。

サーバーがこわれた直接原因には国外 ベネズエラ、ウクライナ(!!)、フランス、中国、アメリカ、ブラジル、ウルグアイ、ブラジル-などなど、いろいろな国からの不正アクセス(wikipathoの目的以外にページを改変すること)が多数ありました。いろいろ対策をしていましたが、いじっている間にwindowsサーバーのほうがまいってしまいました。

そこでWebサーバは自分で作りなおしです。お金がないので自力でLinux serverを構築します。これが歴史は長いが実力の伴わない, トホホLinuxerなもので大変なんですわ。

目的: ''Linux centOSを使ってweb サーバたちあげ''。''pukiwkiのwikipathologicaお引越し。'' ''不正アクセスへのファイアウォールづくり''。etc

8月日

NTT-X store 通販サイトで HP Prolion microserverを購入 16800円。メモリが4G, HD 500Gがついて、CPUは AMD Turion NEO N54L サーバーとしては十分でしょ。
クーポンが使えれば2000円割引で 14800円です。

**CentOS インストールまでの長いみちのり [#s8e21221]

このサーバー機。DVD/CDはついていません。幸いUSBポートはしっかりしているのでUSB経由でcentOS6.5のインストールを試みることにしますた。

windows PCで[[理研のサーバ:http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/isos/x86_64/]]からCentOS-6.5-x86_64-minimal.iso をダウンロード、ファイルに保存します。
(CPUがAMD Turion NEO N54Lなので、64bit版を採用しました)

ダウンロードしたディスクイメージが破損していないかチェックするため~
Windows用の[[sha1sumコマンド:http://sourceforge.jp/projects/sfnet_mute-net/downloads/sha1sum/Command%20Line%20Tool/sha1sum.exe/]]をディスクイメージと同じフォルダにダウンロードする。(クリックするとダウンロードが始まります)

windowのソフトから アクセサリ → コマンドプロンプトのコンソールを立ち上げて、

C:\Documents and Settings\xxxxxxxx>cd C:\Documents and Settings\xxxxxxxx\デスクトップ\OSinstall(新しいフォルダにつけた名前) enter で
OS isoイメージ保存フォルダへ移動します。cdはフォルダ移動のコマンド。
xxxxxxxxは自分のwindow PCにつけた名前です。ちなみに日本語名の入力はAlt+半角/全角キーおしで可能です。(windowsではバックスラッシュは¥マークですね)

C:\Documents and Settings\xxxxxxxx\デスクトップ\新しいフォルダ>sha1sum -c sha1sum.txt ← sha1sum.txtは理研サーバCentOS-6.5-x86_64-minimal.isoと同じHPの下のほうにあります。テキストなのでコピーすればOKです。フリーのテキストエディタ Terapadでwindowテキストファイルにしてもかまいません。

USBからのインストールにはUNetbootinというソフトを利用します([[富田研究室のHPを参照してください:http://www.comphys.las.shibaura-it.ac.jp/CreateBootableUSB]])

UNetbootinはダウンロードした圧縮ファイルを解凍するとexe fileが見つかります。

富田研究室の方法でUSBにCentOS-6.5-x86_64-minimal.isoをロードしました。

HP Polion microserver起動時にF10を押してBiosセットアップページでUSBからOSのISOファイルが読み込まれインストール画面が立ち上がるようにします。



Linuxでは16GのUSBはストレージデバイスとして認識されるようです。sda, sdbなどどのデバイスに相当するかはやってみないとわかりません。

自分のUSBは dev/sdb1になりました。サーバーを再起動するとインストール画面がたちあがります。

centOS6.5 インストール画面の指示にしたがってインストールを進めます。言語は日本語を選びます。キーボードはJP106です。TIMEゾーンは東京で、下にあるチェックをはずします。HDD全体を使ってインストール。インストールが始まりました。

レポジトリが参照できない。といってインストールが全くすすまなくなってしまいます。
何度くりかえしても同じでした。

** レポジトリ、ああレポジトリ、レポジトリ [#qfb24533]

この場合のレポジトリは、Linuxインストールに必要な主要ファイルを置いてあるネット上のいろんなデータベースサイトのようです。

再び富田研究室のサイト((http://www.comphys.las.shibaura-it.ac.jp/CreateBootableUSB))を参照しました。

UNetbootinで作成されたrepodataディレクトリ下のファイルが正しくないようでインストール途中で, ``Unable to read package metadata from repository''と表示され, 作業が停止してしまったようです。

repodataディレクトリ下のファイルを全て消去し, 理研のサーバ(http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/updates/x86_64/repodata/)から正しいと思われるrepodataをダウンロードして,入れ替えました。これで再トライしましたがやはり失敗しました。

いろんなリポジトリに何度も入れ替えてためしましたが、すべて失敗してしまいました。

別の方法が同じ富田研究室サイトに記載されています。「isoファイル(CentOS-6.5-x86_64-minimal.iso)をマウントして, repodataディレクトリ下のファイルをUNetbootinで生成されたものと入れ替える.」というものです。

これだと思いましたが、Linux PCはサーバ以外になく, 手持ちのWindows7 PCでは.isoファイルをクリックすると動画ソフトが開いてしまい.isoファイルの中身をみられません。

ところが、DVDにCentOS-6.5-x86_64-minimal.isoを焼いてWindows7 PCに挿入。DVDをクリックするとisoの中身がみられました。

しかし、

せっかく、DVDにisoファイルを焼いてしまったので、使っていないPCのSATA接続内臓DVDをとりはずして、Linux サーバ、HP prolion microserverにとりつけてみました。HP prolionのあけ方はネットにのっています((http://kowloonet.org/memo/tech/ms_hw_setup.html))。簡単に取り付けられてDVDを認識してくれました。(SATA電源交換コードが必要です)

BIOS操作画面(起動時F10を押す)を立ち上げDVDから起動できるよう設定しました。
DVD iso ファイルからのインストールは問題なくスムーズにすすみ, やっとOSインストールが終了しました。

centOSで自宅サーバのページを参考にして初期設定をすませています。

**viでファイルを開いたときに「E325: ATTENTION」というメッセージが表示されるときがあります。 [#w34b0fa7]

同時に同じファイルを編集しようとしているか、ファイルが壊れている場合に出るメッセージのようです。

例)
vi /etc/sysconfig/iptables

 
このようなメッセージが出ます。
E325: ATTENTION
Found a swap file by the name "/etc/sysconfig/.iptables.swp"
owned by: root dated: Tue Apr 24 09:29:25 2012
file name: /etc/sysconfig/iptables
modified: no
user name: hogehoge host name: example.com
process ID: 11949 (still running)
While opening file "/etc/sysconfig/iptables"
dated: Tue Apr 24 14:17:36 2012
NEWER than swap file!

(1) Another program may be editing the same file.
If this is the case, be careful not to end up with two
different instances of the same file when making changes.
Quit, or continue with caution.

(2) An edit session for this file crashed.
If this is the case, use ":recover" or "vim -r /etc/sysconfig/iptables"
to recover the changes (see ":help recovery").
If you did this already, delete the swap file "/etc/sysconfig/.iptables.swp"
to avoid this message.
"/etc/sysconfig/iptables" 39L, 1398C
E486: Pattern not found: etc
Press ENTER or type command to continue

(1)は他のプログラムが同じファイルを編集している可能性あり。

(2)はファイルが壊れていてスワップファイルが存在する場合。

スワップファイルは下記のように消せます。
 
# rm /etc/sysconfig/.iptables.swp
rm: remove 通常ファイル `/etc/sysconfig/.iptables.swp’? y

 
スワップファイルを戻したい場合は
 
#vi -r ファイル名

**iptables [#rd722eda]

/etc/init.d/iptables start(or restart)

/etc/sysconfig/iptables

**16Apr2018 NSF; mount.nfs: requested NFS version or transport protocol is not supported [#u2d65e05]

というわけで・・・不実サーバ側のNFSがうまくいかない。 #service nfs restartしたが同じ。

HPサーバのほうを#service nfs restart で解決しますた。先日停電のときに再起動後nfsを動かすのを忘れていますた. トホホ

**保存用Linuxがこわれますた。 [#cdca297e]

なぜか不実サーバがこわれました。原因不明です。CMOSがHDを認識したりしなかったり。何じゃこれは. モードをIDEから変更しても安定しません。予備のHDでたちあげています。


''NFS クライアントの設定''

不実サーバのnfsをstartしてみます。nfsは実装されているようです。

クライアント マシンをサーバー マシン上の /etc/exports で設定し、NFS サービスを起動する必要があります。また、次のことも確認する必要があります。

    mount コマンドがバージョン 2.1 以降であること。バージョンをチェックするには、コマンド プロンプトで次のように入力します。
//mount コマンドがバージョン 2.1 以降であること。バージョンをチェックするには、コマンド プロンプトで次のように入力します。
//mount -V

    mount -V
//NFS ファイル システムがサポートされていること。/proc/filesystems ファイルには、"nfs" 文字列を使用した行が含まれている必要があります。その行が含まれていない場合は、次のコマンドを実行します。insmod nfs

    NFS ファイル システムがサポートされていること。/proc/filesystems ファイルには、"nfs" 文字列を使用した行が含まれている必要があります。その行が含まれていない場合は、次のコマンドを実行します。

    insmod nfs

次の手順では、クライアント マシン上でリモート サーバー ディレクトリをマウントする方法を説明します。
クライアント マシン上でリモート サーバー ディレクトリをマウントする方法~
コマンド プロンプトから次のコマンドを入力します。

mount server:remote_dir local_dir
#mount -t nfs server:remote_dir local_dir

ここで:
-server は、NFS サービスが実行されているサーバーの IP アドレスです。
-remote_dir は、クライアント マシン上でマウントするリモート ディレクトリです。
-local_dir はローカル ディレクトリです。このディレクトリは、ローカル マシンに既に存在している必要があります。ない場合はmkdirで作成します.

    server は、NFS サービスが実行されているサーバーの IP アドレスです。
    remote_dir は、クライアント マシン上でマウントするリモート ディレクトリです。
    local_dir はローカル ディレクトリです。このディレクトリは、ローカル マシンに既に存在している必要があります。

例:

mount 10.123.11.189:/home/user1/workspace /home/user1/mnt/
mount -t nfs XX.XXX.XXX.XXX:/export/common /mnt/nfs

サーバ上のアクセス可能なディレクトリは /export/commonに設定しています.
クライアント02は /mnt/nfsを作りました。

error! /mnt/nfsが etc/fstabにないよと出てきました. ディレクトリとファイルシステムの接続がうまくいってないのかな?~
findmnt /mnt/nfs; echo $?  応答は1 でした.~
ディレクトリーにいずれのファイルシステムも接続されていない場合は 1 を返します.~

viでetc/fstabを編集しました.
XXX.XXX.XX.XX:/export/common   /mnt/nfs   nfs  default  0  0 と記載保存.

再度
mount -t XXX.XXX.XX.XX:/export/common /mnt/nfs  enter
今度は XXX.XXX.XX.XX:/export/common とtypeしたファイルシステムはないよと返事。
トホホ。
あれ?
 
nfsを入れるのを忘れていました。mount -t nfs XXX.XXX.XX.XX:/export/common /mnt/nfs  enterでうまくいきました.




トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS