PathologyAtlas

desmoplastic small round cell tumor--腹膜に発生した腫瘍

症例:骨盤腔内占拠性腫瘤

28歳男性 便秘で受診。直腸狭窄を指摘され精査, 骨盤内を占拠する巨大な腫瘤をみとめた(35x25x13cm)。後腹膜リンパ節腫大, 肝転移あり。 剖検所見では, 肝, 肺, 胸膜, 腎, 膵, 副腎, 椎骨, 肺門リンパ節, 後腹膜リンパ節に転移が証明された。既往歴:4年前他院で虫垂炎の診断で虫垂切除を行ったときに腹膜腫瘤が発見されて切除, myogenic tumorと診断されている。(組織詳細不明)

病理組織像

DSRCTa08.jpg
DSRCTa02.jpg
DSRCTa03.jpg
DSRCTa04.jpg
Fig01Fig02Fig03Fig04
DSRCTa05.jpg
Toyohashib06.jpg
DSRCTa07.jpg
DSRCTa01.jpg
Fig05Fig06Fig07Fig08

desmoplastic small round cell tumor(DSRCT)の腫瘍細胞は必ずしも「small」, 「round cell」の形態を示さない場合がある。この症例ではFig03, 04のようなmyxomatousな組織が認められた。
またFig.05, などのように間質が乏しく髄様の部分が比較的広範囲に認められた。 Fig01は典型的なDSRCTのパターンと考えられる。

免疫染色では keratin, vimentin, desmin, S100, NSEが陽性。CD99(MIC2)陽性。

RT-PCRによるEWS-WT1 fusion geneの検出


添付ファイル: fileDSRCTa01.jpg 872件 [詳細] fileDSRCTa08.jpg 687件 [詳細] fileDSRCTa02.jpg 896件 [詳細] fileDSRCTa03.jpg 835件 [詳細] fileDSRCTa05.jpg 916件 [詳細] fileDSRCTa04.jpg 680件 [詳細] fileDSRCTa07.jpg 864件 [詳細] fileToyohashib06.jpg 706件 [詳細] fileDSRCTa06.jpg 289件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:21 (1568d)