WikiPathologica link OK

well differentiated neuroendocrine carcinoma of the thymus

Iwata City Hospital 68 y.o. male

well-differentiated neuroendocrine carcinoma(carcinoid tumor) of the thymus

 
 
enhanceCT01.jpg
sagitalCT.jpg

63y.o. male, descending colon cancerのため精査中, CTで前縦隔に21x40x40mmの軽度分葉状, 不均一によく染まる腫瘤が認められた。腫瘤による症状はない。腫瘍内石灰化や周囲への浸潤は指摘できない。近傍に7mm大の内部低濃度リンパ節あり転移が疑われる。

 
 

病理肉眼所見

macrofresh01.jpg
tumorcut01.jpg

colon cancer切除後に前縦隔腫瘤摘出術が行われる。

 

病理組織所見

 
 
TNCloupe.jpg

Virtual slide を見る---> 前縦隔(胸腺)腫瘤 右クリックで新しいウィンドウで開くと便利です. sign in as guestでVSが閲覧できます。

 
 

237PDF.JPG 発表スライドPDFファイルを閲覧するには左のスライドをクリックしてlog inしてください。Sorry you need SPS ID and password to see presentation slides.

臨床事項

  • 前縦隔腫瘍の2-4%を占める
  • 全年齢に発生するが40-60歳の成人に多く, 男性に多い(M:F=3:1)
  • 2-20cmの腫瘤を形成する
  • 1/3は無症状であり, 偶然胸部X-pなどで発見される.
  • 2/3は前縦隔腫瘤による非特異的な症状, 胸痛, 咳, 呼吸困難などを訴える。体重減少が少数認められている。
  • 内分泌症状
    • Cushing syndromeの5人(6%)を含む内分泌症状が80例のneuroendocrine carcinomaのうち22%に出現したとする報告がある*1
  • Multiple endocrine neoplasia(MEN)の一症状としてしばしば thymic neuroendocrine carcinomaがおこる
  • thymic neuroendocrine tumorの25%はMEN type1関連carcinoid tumorsの一成分となる.(MEN-1 85例の8年にわたるfollow upで7例のthymic neuroendocrine carcinomaが見つかっている*2)

*1 Moran CA, Suster S. Neuroendocrine carcinomas (carcinoid tumor) of the thymus. A clinicopathologic analysis of 80 cases.Am J Clin Pathol. 2000 Jul;114(1):100-10. PMID:10884805 Free full text
*2 Gibril F, et al., Prospective study of thymic carcinoids in patients with multiple endocrine neoplasiatype 1. J Clin Endocrinol Metab. 2003 Mar;88(3):1066-81. PMID:12629087 Free full text

添付ファイル: fileenhanceCT01.jpg 288件 [詳細] filesagitalCT.jpg 310件 [詳細] filemacrofresh01.jpg 334件 [詳細] filetumorcut01.jpg 338件 [詳細] fileTNCloupe.jpg 755件 [詳細] file237PDF.JPG JFIFExifII*件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-18 (金) 16:37:34 (696d)