VEGF-vascular endothelial growth factor 血管内皮増殖因子

von Hippel-Lindau(VHL)病

3番染色体短腕に責任遺伝子が存在する常染色体顕性(優性)遺伝性疾患. 発生頻度は4-5万人に1人.
中枢神経, 網膜, 副腎, および膵臓などの多臓器に腫瘍性あるいは嚢胞性病変を認め, 約50%に比較的若年性に腎細胞癌を発症する.

本邦の大規模なVHL病の疫学調査では276家系から409症例の患者さんデータを集積し, 腎細胞癌発症を206例(50.4%)に認めた.*1

発症頻度に性差はなく, 発症年齢の平均値は 37.8歳であり, 有転移症例は23例(11.2%).

治療は, 腎部分切除(46%), 腎摘除術(31%), およびラジオ波焼却術(14%)が施行され, 外科治療歴は平均1.6回.

腎細胞癌による死亡者数は6例(2.9%)で, 10年生存率は94%であった.

  • clear cell renal cell carcinoma
  • hemangioblastoma of CNS/ retina
  • pheochromocytoma

1993年に最初の腎癌抑制遺伝子VHLが同定された.---VHL遺伝子, タンパク質の詳細ページ

VHLはHIFに対するE3ユビキチンリガーゼ複合体の構成タンパク質の一つで,
VHL複合体異常は, HIF分解低下, 蓄積をきたし, HIFによる転写調節を受ける, VEGF, PDGF, TGFαが腫瘍化に促進的に働いていることが明らかにされた. *2

  • VHL病のタイプ
  • type1: without pheochromocytoma
  • type2A: with pheochromocytoma
  • type2B: with pheochromocytoma and RCC
  • type2C: isolated pheochromocytoma without hemangioblastoma or RCC
  • type1B: large VHL deletionとHSPC3000遺伝子欠失によりRCCを逃れられるVHLの特殊型として提唱されている.*3

*1  執印 太郎, ほか von Hippel-Lindau病全国疫学調査における腎癌の臨床的解析 日本泌尿器科学会雑誌 2012年 103巻 3号 p. 552-556
*2  Kondo K, et al.,Inhibition of HIF is necessary for tumor suppression by the von Hippel-Lindau protein. Cancer Cell. 2002 Apr;1(3):237-46.PMID:12086860
*3  McNeill? A et al., Genotype-phenotype correlations in VHL exon deletions. Am. J. Med. Genet. 149A: 2147-2151, 2009.PubMed?: 19764026

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-07 (日) 07:31:24 (16d)